アジャイルに行こう!

astah* の新サジェスト機能

»

より、高速なモデリング、手になじむモデリングを追求する試みとして、サジェスト機能を試しに実装しています。

  1. 図のダブルクリックで、典型的な要素を作ります(クラス図ならクラス)
  2. 関連線を、クラスの端から端まで、種類を選んで引きます。
  3. 属性、と操作、はそれぞれ、アイコンを選らんで入力できます。
  4. 多重度も。
  5. 関連端名も!

このデモを見ると、一度もツールアイコンをクリックすることなく、作図画面で操作が済んでしまう、という優れものです。

当然、クラス図だけでなく、他の図にも同様の機能をデザイン中。

しばらく、機能追加を中心に astah* を拡張していたのですが、今回は、「使いやすさ」にこだわってみました。ここっていうのは、「機能比較表」に出ない部分なんですが、今までJUDEがもっとも大切にしていたものなんです。原点回帰、という意味で、取り組んでいます。

みなさんのご意見もお待ちしています。

(※ 2/7 追記: この機能は現在準備中で、次のリリースで公開予定です)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する