アジャイルに行こう!

JUDE/Professional, Community の 5.4 が公開されました

»

今回、Community 版でも、UML2.0 に対応しました!さらに、Professional版の目玉は、

  • ER図の改善。いろんなインデクス、表示非表示に対応しました。
    ⇒本格的なDBツールに遜色ない表現力。
  • プロジェクトの簡易比較。2つのJUDEファイルを、ツリービューで比較できます。また、差分情報をテキストファイルで吐き出せます。
    ⇒差分をビジュアルに、また、レポートとして出力。
  • モデルのタイムスタンプを内部で持ち、Subversion のような構成管理ツールで管理されているファイルを、参照マージできます。
    ⇒大規模プロジェクトにおける、構成管理との連動強化。
  • メトリクス取得ツール(APIによるサンプル実装提供)
  • C#, C++ソースのインポート(APIによるサンプル実装提供)

doxygen を使ったソースコードのリバースエンジニアリングがサンプル提供されますので、今後も、いろんな言語のリバースに対応できるでしょう。

以下、リリースノートです。
https://jude.change-vision.com/jude-web/download/update_pro.html#professional

ぜひ、使ってみてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する