我が国は現在、閉塞感が漂っているとよく言われていますが、実は、よく観察すると、新しいビジネスチャンスがあふれかえっています。それを見つけて、成功させるコツとヒントをご紹介します。

Googleアドワーズ、一時停止したのに広告が止まらない話

»

検索エンジンによるキーワード広告の代名詞、Googleアドワーズ広告。
私も自分のもの、クライアントのものを含めて色々出稿しているが、広告を一時停止しているにも関わらず、広告が出稿され続ける現象が起きた。
その顛末のお話。
---------------------------------------------------------------
今年の6月の末からあるあらたにアドワーズのドメインを取得しホームページに対して広告を出稿した。そのホームページ立ち上げ時期のみ広告を出す計画だったので、7月末には終了するつもりであった。
出稿した結果、まずまずの成果があり、予定通り7月末にその「キャンペーン」を一時停止にした。念のため、ついでに「広告グループ」も一時停止しておいた。
これで通常なら広告は表示されず、もちろん課金もされないはずである。

さて、しばらくして、この広告で設定したキーワードでググってみた。対象のホームページがどれほどの順位で表示されるか確認するためである。

そこで、おやっ?と気付いた。
確かに7月末で停止したはずの広告がまだ表示されているのである。そこで早速、アドワーズのアカウントにログインして調べてみる。
しかし、そのページでの広告キャンペーンは一時停止のまま。表示もクリック数も停止してから0が並んでいる。もちろん、課金も0である。

graff.jpg

もういちどキーワードでググってみたが、やはりとてもよい位置で広告が表示されている。

他のアカウントで広告を出していたかな? とも思ったがそんな記憶もない。
再び、広告グループやキーワードをしらべてたが、7月末以降完全に0を指していてまったく記録がない。
そこで、最後に、このアカウントの「料金」ページを確認してみると、なんとちゃんと毎日課金されている。

click.jpg

あれ? あれ? あれ? 状態である。

仕方なく、キャンペーンや広告グループを再び有効にしてから一時停止にしてみたりもしたが、アドワーズ広告は表示されたまま。
ワンクリック上限を10円にしてみたり、1日の予算を10円に下げたりしたが、ググればよい位置にバンバン広告が出る。タイミングによっては一番上を取ってしまう(^^;)。設定変更が全然効いていないようだ。
ここで、キャンペーン及び広告グループの削除という方法もあるが、これをやってしまった場合、削除しても広告が表示され続けたらGoogleに対してクレーム説明がしにくくなる。
そこで、「アカウントの設定」で<利用の停止>を選択。
これでもういちどキーワードでググってみると、ようやく広告はストップした。

Googleへのクレームはどうしようかなと考えたが、おどろくような金額でもないし、広告としてはちゃんと働いてくれたからまあいいことにしようと思っている。

ともかく結論としては、Googleアドワーズ広告を止めるときは、一時停止ではなくアカウントの<利用の停止>をオススメしておこう。

<平本企画>
http://www.hiramoto.com

◆追記
ちなみに、アカウントの利用を停止すると、Googleから次のようなメールが来る。

 Google AdWords

 キャンセルされたアカウントの未払い残高をお支払いください

 キャンセルされた Google AdWords アカウントに未払いの残高があります。

 未払いの残高があるため、4 週間以内に約 ¥*****が Visa ・・・・・に請求されます。
 キャンセル前に追加費用が発生している場合、請求額はさらに多くなることがあります。
 詳しくはお問い合わせください。

なにを偉そうにって感じだが、まあ笑って許してやろう(^^;)。

ビジネススタイルマガジンhttp://bsmag.net/

Comment(0)