一般社団法人鬼ごっこ協会で、鬼ごっこを活用して、次代を担う青少年の健全育成のために仕事をしています。大人から子どもまで、みんなが楽しめる鬼ごっこの楽しい活用法や、鬼ごっこにまつわる文化歴史をご紹介していきます。

老若男女ができる

»

こんにちは。鬼ごっこ協会の平峯です。鬼ごっこを専門的に扱い、数千種類の鬼ごっこを場所や対象に合わせて使い分けてイベントの開催や、学校教育やスポーツ指導の現場で活動しています。

生まれた時から。

今回は、鬼ごっこの大きな魅力の一つである「老若男女」という点について語ります。鬼ごっこは、この世に生を受けた瞬間から始まると言われています。何かが動いたのを目で追いかける、目の前を通り過ぎた何ををつかみ取ろうとする、そんな動作を幼児はやると思いますが、これはすでに鬼ごっこ的な動作であるという事ができます。

高齢者もできる。

そして、お年を召している方にも鬼ごっこは力を発揮します。以前、私がとある公民館で70歳以上ほどの高齢者の方々を対象にした鬼ごっこを行いました。そこで、杖をついていたおばあさんが一人いました。杖はもう10年以上手放せないほど、足腰を痛めているということで、ゆっくりとした姿勢で鬼ごっこには参加をしてもらっていました。もちろん、走ることができないので、杖をつきながら、歩きながらできる鬼ごっこをアレンジしたもので行いました。本当に驚いたことが、この時に起きました。普段は杖をついているはずの方が、気づかないうちに笑顔になりながら、杖を置いて鬼ごっこをしていたのです。この光景を目の当たりにしたときに、人は遊ぶことや、体を楽しく動かすことは、何よりも健康には大切なことなのだと感じさせられました。

誰もができる。

このように幼い時から、高齢者まで、もちろん現役の青少年や現役世代の方々もまた、みんなが分け隔てなく取り組むことができるのが鬼ごっこの大きな魅力です。老若男女がみんなで楽しめる鬼ごっこの魅力を、今日も伝えていきたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する