一般社団法人鬼ごっこ協会で、鬼ごっこを活用して、次代を担う青少年の健全育成のために仕事をしています。大人から子どもまで、みんなが楽しめる鬼ごっこの楽しい活用法や、鬼ごっこにまつわる文化歴史をご紹介していきます。

第5回スポーツ鬼ごっこ全国大会の開催まもなく!

»

スポーツ鬼ごっこの年に1回の大きな大会「スポーツ鬼ごっこ全国大会」の第5回が11月6日(日)に東京都八王子市富士森公園陸上競技場で開催されます。この大会は、2012年から始まった鬼ごっこ協会の大会として、最も大きな大会であり、全国各地のスポーツ鬼ごっこ愛好者が集まってくる権威のある大会の一つとなります。

(スポーツ鬼ごっこの競技風景 ※第4回大会より)

12304151_1074519202569631_2748738547677006597_o.jpg12291060_1074525179235700_829996619963528928_o.jpg

どんなチームが集まってくるか?

スポーツ鬼ごっこ全国大会に出場するためには、もちろん各種スポーツ競技のように地域連盟の主催の予選会があり、そこからの勝ち上がってきたチームや推薦を受けたチームが選出をされます。各地の予選会は、年々広がりを見せてきていて、予選会を勝ち抜くことが大変な地域もでてきました。とても嬉しいことです。まだ、地域連盟がスタートしたばかりの地域は、推薦という形で選出することもありますが、この推薦という制度もスポーツ鬼ごっこ全国大会では大切にしていきたいと考えております。

どんな目的の大会か?

スポーツ鬼ごっこ全国大会は、ただ勝利を目指すこと「勝利至上主義」だけで成り立っている大会ではありません。もちろん、大会ですから勝負意識をもって戦略や戦術をみんなで創意工夫して考えて、優勝を本気で目指していくことは最も大切なことです。しかし、勝負に勝つこと以外にも、スポーツを通じて学ぶことが多くあると私たちは考えています。チームに関係する選手やコーチ、保護者の皆さんの礼節やマナーの大切さ、人との良好なコミュニケーションを図ることのの大切さ、チームワークを尊ぶ気持ちの大切さ、自分自身や自身のチームのためではなく対戦相手や関係する全ての人へのリスペクトの精神の大切さを学んでもらうことも、大きな目的となっております。

第5回大会で楽しみなこと

第5回大会では、これまでと違う制度がスタートしました。それは、新しいカテゴリーとして「U-22の部」「一般の部」が始まったことです。「U‐22」は、青年層が活躍する場として創設しました。大学生、専門学生、高校生、中学生などが中心で参加されますが、スポーツ鬼ごっこはこの世代が最も運動特性上で、最も柔軟に対応できる世代でもあるために、エキサイティングな試合が繰り広げられることは間違いないはずです。どんな姿が見られるか楽しみでなりません。そして、「一般の部」も今年初めてですが「自薦エントリー制度」という、チームが自らが「自分たちのチームはこんな思いで普段からスポーツ鬼ごっこに取り組んでいます」と、文章を提出いただいて、申請のあった中から鬼ごっこ協会の全国大会事務局で審査をさせて頂く形をとることになりました。多くのご応募があり、選考結果はまだこれからの発表ですが、皆さんスポーツ鬼ごっこに対する熱い思いが伝わってくる文章ばかりで感銘を受けております。

支えて頂いている皆さまへ感謝

全国大会まで1ヵ月を切りましたが、今年も多くの協賛企業、後援団体、運営スタッフとして協力いただく皆さんの支えがあって、毎年継続して開催をすることができています。そのことに、心より感謝をしたいと思います。あと1ヵ月後に、どんなドラマが見られるのか、今から楽しみで仕方がありません。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する