一般社団法人鬼ごっこ協会で、鬼ごっこを活用して、次代を担う青少年の健全育成のために仕事をしています。大人から子どもまで、みんなが楽しめる鬼ごっこの楽しい活用法や、鬼ごっこにまつわる文化歴史をご紹介していきます。

スポーツ鬼ごっこが国体種目(デモンストレーションスポーツ)に!!

»

すごくうれしいご報告があります!

スポーツ鬼ごっこが国体開催競技(デモスポ)に!?

スポーツ鬼ごっこがなんと2019年に開催される「いきいき茨城ゆめ国体2019」のデモンストレーションスポーツとして開催されることが決まりました。開催地は「つくば市」のつくばカピオ サイバーダインアリーナで行われます。茨城県つくば市では、これまでつくば市スポーツ鬼ごっこ連盟、つくば市役所、つくば市体育協会、筑波大学、各種スポーツ団体、そして地域住民が主体となっているクラブチーム「つくば鬼ゴッターズ」など、多くの方々がスポーツ鬼ごっこの普及に携わって頂きました。詳しくは、茨城国体、スポーツ鬼ごっこと検索してください。

国体とは?

日本体育協会が中心となって行われるスポーツの祭典です。各都道府県で持ち回りで行われて、各種スポーツ種目の試合が数多く行われています。東京オリンピック・パラリンピックのある2020年の前年である2019年には、茨城県を舞台にして開催されます。

なぜ、選出されたか?

それでは、なぜスポーツ鬼ごっこが設立もまもなくで、スポーツの世界では新参者ですが選出されたのかというと、地元の方々の協力が大きくありました。つくば市では、地域住民の皆さまがかなり積極的にスポーツ鬼ごっこを活用していただいていて、各種スポーツを横につないだり、新たにスポーツが好きになる方を発掘したりと、幅広く認知を頂いています。筑波大学では、ゼミナールの題材としてスポーツ鬼ごっこを研究に取り上げて頂いたこともありました。スポーツ鬼ごっこは地域社会で育てていくものだと考えているので、このように地域から主体的に活動されて、国体種目にまで推薦いただいたことは、大変うれしく思っております。

2019年まで、まだまだ先に感じます。ですが、時間はあっという間に過ぎていきます。開催種目に選んでいただいたからには、最も盛り上がる種目となるように、さらに頑張っていきたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する