一般社団法人鬼ごっこ協会で、鬼ごっこを活用して、次代を担う青少年の健全育成のために仕事をしています。大人から子どもまで、みんなが楽しめる鬼ごっこの楽しい活用法や、鬼ごっこにまつわる文化歴史をご紹介していきます。

仕事の能率アップ~書評:「朝30分で片づける仕事術」永井孝尚著~

»
9784806141129.jpg
書評:「朝30分で片づける仕事術」
永井孝尚著作


書籍の題名通りに、朝にこのブログを執筆しています。ここ数年間の朝活、朝会などのブームは、ビジネスマンにとってはすごく良い習慣づけになり、小手先のテクニックが流行するよりはよいことだと思います。

私自身、「鬼ごっこ」というアクティブなことを仕事にしていることもあり、朝早く起きてイベントに行かなければならないという事が多くあります。でも、本当に最近まで基本は夜型の人間で、夜の2時~3時まで企画書づくりというのがざらでした。夜の方が生産性が、静かだし上がると思っていました。

しかし、問題は起きました。少しずつ仕事に遅刻したり、企画書作りが間に合わなかったりと、仕事に支障が出てくるようになり、周りからも「早寝早起き」した方が良いと言われるようになってしまいました。

そんな中で、朝会に積極的に参加したりするようになり、夜は10時~12時に寝て、朝は6時には起きるようにすると、この書籍にもありますが、仕事の能率は果てしなくアップしました。

私の考える仕事術は。

夜やる仕事
・溜まっているメールの処理
・情報収集
・データ入力
・ルーチンワーク

朝やる仕事
・企画書づくり
・プロジェクトの構想を考える
・一日のスケジューリング

など、夜は考えないで出来る仕事、朝はクリエイティブな仕事をやるようにしました。

この書籍でも同様の事が書かれていて、朝は誰にも邪魔されないで思考が働く時なので、サクサクと仕事の能率が上がるという点に、本当に共感しました。


ぜひぜひ、皆さんも「朝型」の生活を送ってみてはいかがでしょうか。
すがすがしい朝を迎え、楽しい一日を過ごしましょう!

==================
【お問い合わせ】
■ソーシャルメディアのご相談
・企業で導入したい
・プロジェクトで活用したい

■鬼ごっこイベントに関して
・企業研修で使いたい
・地域イベントでコラボしたい
==================
Comment(1)

コメント

平峯 佑志様、
拙著への書評をいただき、ありがとうございました。
おっしゃる通り、朝のクリエイティブな仕事は、とても生産性と質が高い仕事ができますね。
これからも、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

コメントを投稿する