人生への贈り物

歴史を知るものが未来を予見する

»

 

オルタナティブ・ブログ読者の皆様、はじめまして。

このたびブログを書かせていただくことになりました、芝田忠始(シバタ・タダシ)と申します。

本業では某医療系企業でソーシャルメディアの企画、運営を担当しています。
おかげさまで10万人を超える会員を獲得し、それなりに活性化はしていますが、マネタイズ、事業化はまだまだ。日々改善に奮闘しています。

個人としては「平成義塾大学」という教育に関するブログメディアを仲間と一緒に運営しています。このブログではこれからに日本を背負って立つ若者に向けて、人生を生きるための応援メッセージを中心に記事を書いています。

オルタナティブ・ブログでもあえて同じブロブ名をつけさせていただきましたが、こちらではIT&ネット全般の話題、経済・投資関係の内容を中心に書かせていただこうと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

さて、表題にある「歴史を知るものが未来を予見する」という言葉。

私がもっとも大切にしている真理です。

なぜ歴史を知れば未来が見えるのか。
この答え探すとき、いつも辿りつくのが「物事の本質を見つめる」ということです。

歴史にこそ「人間の本質」が語られていて、それを数多く深く知ることで「物事の本質」を学び、そのことが「未来を予見する力」になるということです。

ビジョナリーと呼ばれる人は、けっきょくは「本質」を知り「本質を求める」人であり、結果的に正しく未来を語ることができるのだと思います。

「本質を問いかけ、未来を問いかける」という態度を、もっとも明確に表している言葉を私は知っています。

Gog
「われわれはどこから来たのか。われわれは何者か。われわれはどこへ行くのか」


ご存知のとおり、フランスの画家「ゴーギャン」の有名な絵のタイトルです。
この、人間にとって最も本質的な問の答えを探し続けることが、人類の未来を創っていくのだと私は信じています。

これからどうぞ、よろしくお願いいたします。

http://vega2100.com/
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する