HCIを基本から理解できる記事を雑誌に掲載してもらいました

»

シェルスクリプトマガジンという雑誌をご存知ですか?


「シェルスクリプトマガジン」は、サーバー管理者やUNIX系プログラマーに向けて、2011年に創刊したUNIX/Linux/FreeBSD/シェルスクリプトの総合誌です。 シェルプログラミングにとどまらず、様々なジャンルの「洗練された」技術・技術者を紹介しています。


そして、本日発売のvol.56号の特集2で、企業ITインフラの新しいコンセプト「ソフトウェアで『超』統合された新しいITインフラ【ハイパーコンバージドインフラ】に乗り遅れるな!」というHCIについて分かりやすくまとめた記事を掲載していただきました。仮想化技術でハードウエアをシンプルにまとめたHCIの特徴を誰でも理解できると思います。

https://shell-mag.com/vol-56/

企業ITインフラの新しいコンセプト「HCI」は、ソフトウェアでX86サーバーに"超"垂直統合した新しいトレンドです。仮想化でハードウェアをシンプルにまとめて管理工数を軽減し、新しいビジネスを創造します。

56-30.png

目次をご紹介しますと

  • はじめに;統合インフラの究極の形
  • インフラの歴史;物理サーバー + DAS時代 ~ サーバー仮想 + 共有ストレージ時代
  • コンバージドインフラの登場
  • ハイパースケールコンピューティングの登場
  • ハイパースケールコンピューティングとSDS
  • エンタープライズ向けのハイパースケールコンピューティング「HCI」
  • HCIのアーキテクチャー
  • SDSの仕組み
  • HCIが注目される理由
  • HCIの優位点
  • HCIの市場動向とメジャープレイヤー
  • HCIに適したワークロード
  • HCIの課題
  • 導入するにあたっての考慮点
  • 今後の進化

といったコンテンツにしました。結構ボリューミーですが、ご興味がお有りの方は、ぜひ雑誌をご購入ください。
https://www.usp-lab.com/ORDER/CGI/PUB.ORDER.CGI

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する