ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

要注意3点:看板だけのホームページになっていませんか!

»

Safe_image

スマートフォーンやタブレットを使ってホームページを見ている人が増えてきた。

10ページぐらいで構成された会社ホームページは、安くて早くて見栄えが良い。だけど、スマートフォーンやタブレットに自動対応出来ていない場合が多い。

さらに、

ホームページの専門家が作成しているため古い情報が看板のように置かれているだけだ。

もう、そんなホームページは無いだろうと思っていたが、私は間違っていた。石を投げればそんなホームページに直ぐに当たってしまうほど多い。

Check-1:スマートフォーンやタブレットでも読みやすいホームページになっていますか?

最近、電車の中でPCを抱えて情報を閲覧している会社員を見つけられなくなった。その代わりスマートフォーンやタブレットでホームページを見ている人が多くなった。

ちょっとのぞき見してみるとPC向けに作成されたホームページは見難いため直ぐに見やすいスマートフォン向けのサイトを探していた。

考えてみれは、当然!わざわざ、画面をズームしながらホームページを見るのは大変だ。読みやすいホームページに自動調整できるCMSにリニューアルすべきだろう。


Check-2:デザインに凝りすぎて内容が薄くありませんか?

看板だけのホームページの特徴は、情報が更新されていないという点と内容が通り一遍で詳しくないという点である。一度ざ~と見れば、それで終わりという内容だ。

次に訪問した時に内容が何も変わっていない!

だから、看板だけのホームページだ!もう、看板だけのホームページの時代は過ぎた。今は、訪問者に役に立つ情報を頻度よく提供し続けるホームページ運営の時代である。

デザインに凝りすぎて内容が疎かになっていないだろうか?サイトイメージでお客は集められない。イメージは主観的であるため好き嫌いが生まれる。

デザインで人を集めるのでは無く(集められない、現実は!)提供するコンテンツで人を集める時代である。


Check-3:タイムリーな情報を自分たちの手で発信できていますか?

ウエブの専門家に依存し続けるとタイムリーな情報を直ぐに公開できないという不都合が生まれる。自分たちでコントロールが出来るホームページ運営の時代は、CMSで構築されたホームページが主体になる。

CMSは、ウエブの専門家に依存しないで普通の人が普通にページ作成が出来る。それが優れている。それも複数人で情報発信が出来るので役割分担が可能になる。

ホームページでの情報発信担当者が一人の場合、その人がいなくなれば誰も情報発信がウエブで出来なくなる。タイムリーなページ更新も出来なくなる。

システム操作だけでワープロのようにページ作成が出来るCMSは、今の時代の要請ツールである。

オープンソースCMS Joomla(ジュームラ)は、シニアの人でも簡単にページ作成ができる仕組みがある。Joomlaは、ウエブの専門家が出来る事を代行するシステムである。ページ作成と公開がホームページビルダーのようなHP作成ソフトほど難しくない。10分もあれば、直ぐにやり方を覚えてしまえる。

看板だけのホームページを情報発信ツールにしてコンテンツで集客しませんか!

=>Joomlaが好きになる理由と特徴
http://www.joomlajp.org/cms/joomla-column/1272-why-joomla-attractive.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する