ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

ウエブの専門知識がないならば・・・・

»

Safe_image

ホームページで情報発信をしないと誰もあなたの会社の存在に気が付いてくれません!

ホームページがあっても気が付いてくれないのが今の時代です。2000年以前は、ホームページがあれば、何もしないでも多くのアクセスとユーザーが訪問してくれました。ニーズがあえば、ホームページからお問合せが沢山ありました。

ウエブデザイナーやウエブの専門家が活躍できる機会が沢山ありました。専門学校では、ウエブデザインの教科が一番人気がありました。多くの学校がホームページ制作の教室を設けていました。

2014年の今、状況は一変!

専門学校でホームページについて学べる機会が急激に減少。多くの学校では、ホームページ制作の教科をドロップ。需要と供給のアンバランスが顕著に成っているからである。

ウエブデザイナーになって一稼ぎしたいと思う若者も激減!

ホームページといえば、あれね!という理解が社会に浸透するほどホームページという言葉が何を意味するのかが広まっている。

ホームページを作るから使うに時代は変化してきている。

ウエブでの情報発信を専門家に依頼しなくてもちょっと独学をすれば無料でホームページを持てる時代に成っている。

ホームページのデザインで集客する時代は終わり、コンテンツの質と量で検索サイトから集客する時代になって来た。

さらに、

手で作成するホームページからCMS(コンテンツマネジメントシステム)でサイト構築する時代に移ってきている。

HPって何?からCMSって何?の時代

見た目では、手で作成したHPとシステムで構築したCMSサイトの違いは一般の人にはわからない。そのため、多くの人達はCMSって何なんだ?となる。

インターネット業界にいる人でもブログとCMSは、同じと思っている人が多い。Word Pressはブログシステム。Joomla、Xoops、Drupalは、CMS。CMSはポータルサイト構築で使われてきた。

ただ、

Word Pressもカスタマイズをしてポータルサイト用途に使われている。それでCMSであると思っているのではと思う。本来のCMSは、アーキテクチャ自体がブログシステムとは違う。Word Pressをカスタマイズしなくても簡単にポータルサイトがディフォルトで作れてしまう。

CMSはシステムをインストール後にすぐに使える機能が沢山ある。ブログは、ブログ用途でしか使えない。だから、大幅なカスタマイズが必須になる。

Comment(0)