ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

「神様は乗り越えられる試練しか与えない!」と言う言葉

»
先日、テレビで放映していた「仁」という番組を2夜連続で楽しみました。その番組の中で「神様は乗り越えられる試練しか与えない」という言葉に考えさせられました。

自分の人生を振り返ってみると節目節目に試練がありました。

そして、

必死になってその試練を勇気を出して乗り越えてきました。乗り越えるたびに新たな可能性と力が自分自身に身について行くことを感じました。

神は、誰にでもその人の人生で試練という壁を与えているとおもいます。その試練という壁を乗り越えるには、必死になって前向きに勇気を出して挑戦するしか有りません。多くの方が人生の波で沈んだり浮かんだりしながら生き続けています。

朝日新聞の一面に孤独死の記事が連日連載されています。取り扱われている方々は、読む限り過去の自分の行いがマイナスで累積されていたように思いえます。多くの方に迷惑をかけながら自分かってな判断でマイナスな人生を続けて逃げる場を失った感じがします。

プラス思考で前向きに自分が直面する試練という壁に立ち向かう姿勢があれば、そして、挑戦し続けられれば過去のマイナスな人生の累積をプラス方向に変えられるはずです。それに気がついて今からマイナスをプラスに変えるアクションをとれば、追い詰められる力を和らげプラスに転じる力を感じ始められると思います。

累積されたマイナスの人生は、簡単にはプラスの人生に転じません。マイナスの人生でいた期間以上の間プラス思考で試練に挑戦し続ける必要があります。人生がリセットできない理由がここにあります。因果律の法則です。

神様は乗り越えられる試練しか与えない

前向きに自分の人生を考え改めることで自分が抱えている試練を乗り越える一歩が始まると思います。自分ひとりで出来なければ、支援してくれる人たちやNPO組織に相談することです。一人で出来なければ、自分よりプラス思考が強い方々の力を借りるのです。

私たちは、つながりの中で生きています。社会とのつながり、他の人間とのつながりなくして生きていけません。お互いが依存しあっている世界に私たちは生きているという事実をよく理解する必要があると思います。

自分たちの人生は、やる、やらないの選択で相当変わると思います。

2011年は、自分に与えられる試練を乗り越えられるよう挑戦する年です。

Comment(1)

コメント

中川 秀美

不動産営業をして、資金を貯め、20代からの夢だった飲食店を49歳にして、和CAFE&BARをオープンしました。本来はオーナーとして、お店は任せたいと思ってましたが、そんな人材も資金もない為、娘と自分でするしかないので朝から夜まで出ています。ようやく2ヶ月経ち、覚悟はしていたものの、飲食店経営の(水商売)の厳しさを痛感しています。私自身今まで色々経験させ頂いて、10代はネガティヴ傾向だったのですが 20代に入りかなりポジティブに変わりました。しかし、ここに来てかなり気持ちが落ち込んでいて、周りからは、夢が実現して良かったじゃない!これからなのに、頑張らないと!と励まされ日々人の有り難みに感謝する毎日を送っています。ただ、気持ちが滅入っていて、毎日、労働に合わない、娘にもお給料出してあげれないのに、「私は、今が楽しいよ。時々欲しいもの買ってくれたらいいよ。」と泣かせる事を言い、金銭的な不安の波に押しつぶされそうになり、娘に励まされながら、起きてもない事を考えまい、なってからどうするか考えれば良いじゃないか!その時
は高い学習費を払ったけど良い経験をさせてもらったと思えば良いじゃないか!と1人の私がもう1人の私に話し掛けている今日この頃です。それでインターネットで神様は・・・。を開いたら、出てきたので、少し気分が救われた思いで51歳〜の起業家でコメントと言うか何か感じたのでコメントと言うか・・・。させて頂きました。まだやりたい事があり終の目標は動物保護施設をつくりたいのです。今の私がどこでどう変わって行くんだろうと思いながら、神様に身を委ねてみようとおもいました。

コメントを投稿する