ホームページでの情報発信が楽しくなるツール!

自分の人生の転機は、自分が思ったタイミングには訪れない!

»

ソニー(株)で働いていた時代は、古き良きソニーの社風のおかげで、進んで色々な新しいプロジェクトに参加させて頂いた。言いだしっぺが事を起こすという社風で「おれが、おれが......」の勢いで、出る杭になろうとした時代であった。

でも、

起業家になれるとはこれぽっちも思っていなかった!・・というか、自信もなかった。

1997年に趣味で始めたメルマガで、小遣い稼ぎが出来ることを発見した。会社からの給与以外にお金を稼いだことがなかったので、何とも言えない「幸せ感」と「自分への自信」を味わった。

インターネットビジネスが世間を騒がしていた時期であったため、ソニー社内でも「インターネットビジネスで社内ベンチャーを起こしたい人はこの指とまれ!」が始まった。

 

  • 無料メルマガサイトPubzineビジネス

私は、趣味で儲けたメルマガビジネスの経験をベースに、ソニー版無料メルマガサイトPubzineビジネスを提案して船出した。先行する無料メルマガサイトを後追いする感じではあったが、それとはビジネスモデルが違っていた。メルマガへの広告掲載ビジネスモデルではなく、法人向けのメール配信代行Zinekerサービスをビジネスモデルとし、無料メルマガPubzineサイトを立ち上げたのだ。

その当時、法人向けのメール配信代行サービスは数えられるほどしかなかった。このビジネスモデルを考えついたのは、自分自身が自由に使えるメール配信システムが欲しかったからだ。そんなニーズが世の中にはもっとあると思っていたのでやってみた。

このビジネスモデルは上手く立ち上がってくれ、3年で黒字を計上した。
自分への自信が構築され熱い情熱になってエネルギーを発し始めた時に、人生の転機への序曲が始まる。

「俺にも新しいビジネスが作れるんだ!」

この自信が、次のステップに進むエネルギーになった。

 

  • 独立するための商材探し

Yahoo! JAPANに転職してもメルマガを発行し続けていた。自分のホームページでHTMLタグを学びながら、相当無駄な時間をかけて作っていた。とてもホームページの専門家のようなサイトは作れない事を悟った。

「世の中には、もっと簡単に専門家と同等のサイトを作れるツールがあるはずだ」と勝手に思いながら、海外のサイトを探し始めた。探索の過程でオープンソースCMS Joomla(ジュームラ)というコンテンツ・マネジメント・システムを見つけた。

日本語の情報があるはずだと思い、探した。活動しているのかどうか分からないJoomla!じゃぱんのユーザーサイトをみつけた。フォーラムで分からないことを色々質問したが、何の回答もなかった。どうしようもなくなった私は、Joomla.orgのサイトでJoomla CMSについて自己学習を始めた。試行錯誤の連続の中、Joomlaサイトを作っては潰す毎日であった。

でも、

このホームページシステムは、HTMLタグなどの専門知識を有していない人でも、サイト構築のやり方さえマスターすれば、一般のホームページ以上の満足感を与えてくれるという事を発見した。Joomla CMSのホームページシステムのおかげで、すごく快適に私のメールマーケティングの情報発信が出来るようになった。色々な機能がすぐに使える仕組みになっていたので、使えば使うほど新しい発見と面白さを体験できたのだ。

そんな調子で、1年6ヶ月ぐらいJoomla CMSを勉強していた。一人で。

世界では人気があるオープンソースCMSであったが、日本ではオタクのエンジニアが玩具にしていただけだった。それがもったいないと思った私は、これを自分の商材にしようと検討していた。Yahoo! JAPANに転職した時点で独立を意識していた。そのための商材が、幸運にも趣味で始めたメルマガやメールマーケティングのサイトから生まれてきた。人生の転機は、こんなところから訪れた。

 

  • 独立するには勇気が必要だ!

この不景気で大手企業は、リストラで人件費削減を行っている。「この会社で働けば定年退職まで安心して食べて生きられる」と信じてきた会社員が、リストラという刀で切りつけられ始めている。

事業再建中のJALの会社員は、まさにこの渦中にいる。ただ、ラッキーなのは中小企業と違って、早期退職の手当が凄く優遇されている点だ。しばらくは、働かなくても生きていけるのではないだろうか。

とはいえ、平均寿命が長くなっているのでセカンドキャリアを自分で見つける必要がある。夢がある会社員は、その夢を実現させるために何をしたら良いかを追求すれば良い。寄らば大樹の影で生活してきた会社員は、絶壁に立たされた状態に追いやられる。

「何をしたらこの絶壁から逃れられるのか。頭が真っ白になって・・・・何も思いつかない。」

将来への不安。否定された自分の存在感。精神的なダメージは大きい。こんな状態になる会社員は、これからますます増えていくだろう。安易に他人に頼れない時代が今到来している。この状態から脱するには、2つのオプションがある。

  1. 自分でビジネスを起こす。
  2. 転職先を探し続ける。

どちらも簡単ではない。一つ共通していることは「あきらめないこと、そして勇気」だ!

新しい事をやるには、勇気が必要だ。その勇気は、ピンチになったときに自然と生まれてくる。それは、選択する勇気だからだ。一度選択してしまえば、選択したことをあきらめないでアクションを取り続けるだけだ。途中下車は出来ない。途中下車をしたら、今までの苦労が無駄になる。

 

  • あなた一人だけが生きているのではない!

私は、55歳で独立できるように準備をしていた。実際、51歳で独立してしまった。起業家の多くは、自分が計画したタイミングに起業できていないという。

つまり、

十分な準備なしで独立を選択してしまったのだが、タイミングは「自分がチャンスと思ったとき」が一番のタイミングだと思う。本人の第六感と言うものだろうか。自分を信じ、自分の道を自分の足で歩き出すタイミングである。

最初の一歩は不安という親友が邪魔をするが、それを乗り越えて一歩を踏み出せば、不安という親友はあなたの守護人となる。不安という親友は、悪い親友ではない。むしろ、あなたの人生をより良いものにしてくれる親友であり、守護人でもある。なぜなら、いつも、あなたと一緒にいてくれるからだ。

起業すると「自分は生かされている」という事を誰もが感じ取る。会社員時代の時は、こんな感じを味わうことはない。と、同時に、この社会で生きて行くには、多くの人につながりながら、また依存しながら生きて行かざるを得ない事を自然と悟る。

私はこのブログで、起業という選択を取った私のビジネス人生を、同年代だけでなく就職難で困っている多くの方々にとって心の糧になるような話や体験談、人生観を語っていきたいと思う。

Comment(3)

コメント

> 起業すると「自分は生かされている」という事を誰もが感じ取る。会社員時代の時は、こんな感じを味わうことはない。と、同時に、この社会で生きて行くには、多くの人につながりながら、また依存しながら生きて行かざるを得ない事を自然と悟る。

私も同じでしたので、経験則として正しいかもしれません。

ところで、「会社員時代の時は、こんな感じを味わうことはない」ということであるなら、会社員にこういうことを説くのはムダなことなのでしょうか?

企業研修やリーダー向けのオープンセミナーの講師もやっているので、ぜひお考えを伺いたいと思います。

会社員に対して「自分で生きているのではなく、生かされている」という体験談をお話しするのはとても良いと思います。

ただ、

それを納得させる必要はないと思います。時間が来れば、皆さん、それを自然と自覚してくると思っています。そのタイミングがいつかはその会社員によって違うと思います。

私の世代の人たち、既に起業された人たちは、説明しなくても自覚する時期が自然とやってくると思います。

何か真理が隠れていそうですね。

> それを納得させる必要はないと思います

おっしゃるとおりです。

自分の中に、人を納得させたいという気持ちがあることに気づきました。

そうではないんですね。気づきの一助になれば十分、気づいたときに自分のことを忘れていてもいい、ぐらいの気持ちでやるべきと思いました。

ありがとうございました。

コメントを投稿する