ネットがライフラインとなっているビジネスパーソンのために、旬のネットサービス、イケているInsurTechテクノロジーからブロックチェーンまで、インターネットの最新のトレンドとネット活用術を書き綴ります。

効果を発揮するアイデア・ジェネレーションはリーガルパッドと万年筆で

»

今回はiPhoneアプリとはちょっと離れて、ステーショナリーの話題です。

僕が日常的に利用している筆記用具は万年筆です。決してマニアではないのですが、ステーショナリー・グッズには結構こだわっており、万年筆の他も、日常的に利用しているリーガルパッドは2000年米国出張の際にスタンフォード大学のキャンパスショップで買ってきたものを10年近く利用しています。

現在、日常的に利用している万年筆はパーカーのソネットウォーターマンのエキスパートの2本をペンケースに入れて常に持ち歩いています。

Pen1.JPG
IPad上にペンケース、エキスパート(左)、ソネット(右)

ご存知パーカーのソネットは、パーカーの中堅製品。 美しいフォルムと持ちやすいボディーが特徴で、価格もリーズナブル。一方、ウォーターマンは、世界で最初に万年筆を作ったメーカーです。ルーツはアメリカでしたが、現在はフランスのメーカーとなっています。エキスパートは、レッドのベースカラーにブラックを配しており、特徴的でモダンなデザインです。

ネットベンチャーで仕事は、常にコンピューターに向かって仕事をしているイメージが強く、万年筆などのアナログなステーショナリーはあまり使わないイメージがありますが、実は思ったより多くの紙にモノを書くシーンがあります(文字ではなくイメージなどの落書きも結構あるので敢えてモノと表現します)。

使い分けはソネットにはブルーブラックのインクを入れており。エキスパートにはレッドのインクを入れています。主に利用しているのはレッドのインクの入ったエキスパートです。リーガルパッドでアイディアジェネレーションをするには、このレッドインクが脳を刺激してくれてグッドアイディアが良く生まれます。現在携わっているプロジェクトである、feedpath Calendarのプロモーションプランなどのアイデア・ジェネレーションなどでもこのエキスパートを利用しています。

知っての通り、万年筆はインクが無くなっても、カートリッジ取り替えや、ボトルインクからインク補充する事で何年でも利用できます。使っている間に愛着感も湧きます。また、お気に入りのステーショナリーを持ち歩く事で、仕事や打ち合わせも楽しくなるので、皆さんも利用してみてはどうでしょう。

ナマステ!

Posted by フィードパス 後藤 康成 (Yasunari Goto)

[feedpath PR]クラウド型スマートフォーン対応のグループカレンダー

Comment(4)

コメント

島田 祐一朗

私もデジタルとアナログを共存させてます。前職時代にデジタルに偏って失敗した経験もありますから、アナログも大事にしてます。万年筆とボールペン2種持ち歩いてますが、紙はニーモシネ http://www.e-maruman.co.jp/products/notebook/mnysn/ を使ってます。紙の硬さ、切り取ったときの感触、PDF化した後の保存に最適で好んで使ってます。私もいずれここで書こうと思ってますが、よいモノがあったらぜひ教えてください。

後藤康成

島田さん。コメントありがとうございます。
ニーモシネ。初めて知りました。

僕はレターパッドの他にも、手帳としてMOLESKINE http://www.moleskine.co.jp/ を利用しています。

MOLESKINEもなかなかスグレモノでございます。

引き続きNetStatsをよろしくお願いします。

私も、ドルチェ・ヴィータとラミーを愛用してます。考えが煮詰まった時にロディアのA4版にゴチャゴチャ書いてるとスッキリとしてきます(^ω^)

後藤康成

かわりものやさん。コメントありがとうございます。

ドルチェ・ヴィータ。ご立派な万年筆をお使いですね。羨ましいです。

コメントを投稿する