海外マーケティングをサポートする中で見えてくる「日本人のこと」「外国人のこと」。固いことから柔らかいことまで様々な視点から書いていきます。

教師の退職金減額の方法に強い悪意を感じる。

»
教師の駆け込み退職がニュースでも話題になっているが、個人的な意見としてはこの制度の明らかな悪意に対して強い憤りを感じている。というのも年度末で学期が終わるという誰もが知っている事実がありながら、あえてこの制度を施行したことに悪意を感じるということだ。この制度を施行した埼玉県知事も堂々と悪ぶりもせず、悪意があったことを認めていることに驚きを隠せない。「途中で辞めてしまうことに残念だ、無責任ととらえられてもしょうがない。3月末にすると経費がかかるからこの制度にした」。これはつまり、どうせ退職まじかの教師は多くが担任を持っていて途中で投げ出すことは難しいし、何より直前にこんな形で退職はしたくないだろう。だから、その気持ちを利用して経費削減のために教師の弱い部分をついてしまおうと言うことである。

なぜ、誰もが納得する年度末にやろうと思えば出来るにも関わらず、この時期に施行するのか。「1月末の案もあったがこの時期になった」という言い訳も全く意味が分からない。私が知りたいのは、なぜ教師の弱みに付け込んだ制度にしたのかという事である。確かに経費削減は必要だがこんな経費削減の方法はひどすぎる。確かに教師は教育という重要な立場にある存在であるが、その教師が最も大切にしている生徒を人質にとってお金をむしり取るような経費削減は一体何なんだろうか。辞める教師に対して生徒の顔を思い浮かばせ感情に訴え「途中で生徒をお金のために見捨てるなんて教育者として出来ないだろ?こんな形で退職なんて嫌だろ?何しろ30年以上も勤めてきたんだからね。だったら最後まで勤めて下さいよ。その代り退職金は減らすよ。」と言って自分たちの都合の良く経費を削減さする方法は一体何なんだ。脅しのつもりか?それでも教師を辞めると言っていることに対して文科省の大臣はなんと「誇りを持って最後まで勤めるべきだ」という。頭がおかしいのだろうか。教師の30年以上積み上げてきた誇りをお金との天秤にかけるような汚いやり方で経費削減を実施しようとしてなおも誇りを持てだとか言う。意味が分からない。人の心をもてあそぶのもいい加減にしろ。

この事実を突き付けられた教師はどう感じるのだろうか。こんなやり方をされたのではさっきまで勤め上げようとしていた気持ちも揺れ動くのは当然だ。生徒を最後まで見ないことに批判はあるとは思う。気持ちは分かる。でも、教師は30年以上勤めあげてきてこんな形で辞めることほど残念なことはないだろう。どの教師だって最後まで勤め上げたいのは当然だ。あと数か月に迫っていればなおさらその気持ちは周りで色んなことを言う人よりも何倍も強いはずだ。しかし、この決定はその教師の気持ちをもてあそぶ制度である。教師は今、30年以上かけてやってきた本来であればお金には変えられない財産をお金に換えられてしまったのだ。

経費削減は必要だ。退職金減額もしょうがない。そのことについては異論はない。でも、その経費削減・退職金削減のために人の気持ちを踏みにじるやり方で経費削減・退職金削減をする必要が一体どこにあるのだろうか?なぜ、普通のやり方で削減が出来ないのか。なぜあえてこんなやり方で削減するのか。多くの人が納得できるやり方が誰にでもわかっているのに、なぜあえてこんなひどい削減の仕方をするのか説明してほしい。
Comment(6)

コメント

つぶく ふみお

これまたわたくしの気持ちを汲み取って下さるコメントです。私見では、文部大臣、片山議員、上田知事などは教員を見下す気持ちがどこかにあるのだと思います。困難な教育現場で長年闘ってきた人たちに「ご苦労様でしたね。退職間際に退職金減額とは、誠に申し訳ありません」の言葉が添えられない人たち、人を信頼できない人たちだと感じます。
 早期退職を選んだ方、葛藤があったと思います。わたくしは大学を出て3年間東証1部の本社で仕事をした経験があります、教員の給料が高いとも待遇がよいとは決して思いませんでした。週休2日制の導入も民間大手よりかなり遅かったし、土日の部活動などほとんどボランティアであること、知らない人が多いのではないでしょうか。地方では教職に就く方、それなりの人材だと信じます。また民間との比較、必ずしも妥当性がないと感じます。以上、定年まで3年を残し昨春公立高校を勧奨退職した者の感想です。

まったく同感です。
「善人が損をするような社会は絶対作らない」ということを強く意識した社会になることを切に願います。
現代社会は不公平が蔓延するわけですなー。

train45

公務員の方は年々給与が下がって大変だと感じていましたが、今回のニュースをみて認識を改めました。給与水準がとんでもなく高いのですね。地方の中小企業の社員が夜中まで残業して、土日も働いても届かないくらいの給与水準と退職金が保証されていることに少なからずショックを受けました。

急な減額がショックな気持ちはお察ししますが、もともとの給与が非常に高いための是正措置であることと、聖職であるということを考えれば、受け入れるのが全うであると思います。

他方で行政の措置にも問題はあるとは思います。しかしながらそれ以上に中途退職というのは一個人として許されてはならない問題だと考えます。たとえ減額されたとしても見合った(夢のような)報酬が約束されているからです。

Masaki

train45さんのような方の反応には、とても疑問を感じます。
公務員の給与が多いことに不満を感じられていますが、職業選択の自由があるのですから、いまの自分の給与に不満があるのであれば、公務員に転職されたらいかがですか?公務員の水準が高いや『聖職』という言葉、公務員もわれわれ一般の国民です。その部分は民間人であろうと公務員であろうと同列に扱うべきです。高い給与をもらってるから我慢しろはとても、おかしいです。

2月末という時期にきめた行政(地方公共団体)があきらかにおかしいと思います。

kazu

退職金を減らすことは決定事項です。
これに従うのが当然です。

途中で辞めるのは、退職金削減から逃れるための抜け道でしかありません。
なぜ退職金削減になったのかというと、今まで不当に貰いすぎていたからです。公務員の給与は民間準拠となっていますが、これが守られていなかったということ。本来なら、途中でやめようとも同じように退職金を削減すべきです。
問題があるなら、途中で辞めたら退職金削減から逃れられるという制度設計であるのに、逆に3月末にずらして、みんなで退職金削減から逃れられるようにしろというのは、めちゃめちゃな意見です。

過去のOBまで遡って退職金を返還すべきだと思います。
不当に貰っていたわけですから。今回途中で辞めた人を含めて、一生税金泥棒のレッテルを張られることになります。

タツ

kazuさんって方、今更ながら書き込みをさせてもらいます。今年で退職をするものです。
教師が今まで不当に貰いすぎていたというのは、何を基準に考えているのですか?民間?民間は少ない?教員は多い?その基準は何ですか?
おそらくこの職場だけではないですか?すべての職員が大学卒であるということ。しかも多くは成績が優秀であった人たちばかりだということ。
私は高校のころは不良で成績優秀ではなかったんですがね。
少なくとも私が勤務してきた学校での仕事内容を考える限り、この給料を貰いすぎだと思ったことはまったくありません。むしろ少なすぎるくらいです。これは教員だれもが感じているでしょう。ただ職業上、声を大にして言えないだけです。
朝は7時過ぎには出勤。帰宅は9時、10時は特別ではありません。もちろんサービス残業です。帰宅しても仕事のある日が普通です。休日勤務はごく当たり前のことです。なぜならそれだけのことをしなければ明日の授業の指導ができないからです。
ただ勤務時間なんて大したことではありません。その仕事内容です。
中小企業の方々の勤務内容と比べることは意味がありません。
私はこの仕事をする前は会社務めの経験もありますし、以前企業研修をしたこともあります。友人には会社員が多いので、企業の仕事についてもある程度は理解しているつもりです。私は企業研修で企業で働く方々、もちろん保護者である方が多かったのですが、いろいろ話をするうち、あまりにも誤解が多いことに驚きました。そして多くの話をするうちに教師の仕事の大変さを理解していただけ、すごくありがたかったことを覚えています。
これも比較することはフェアではないとは思いますが、やはり教員の仕事はハードすぎます。あまりにもその仕事内容が多すぎます。
一般のかたが子供相手に勉強を教えるだけだろう、なんて思われていますが、とんでもない思い違いです。休みも多いじゃないか、とか。
ここで何を伝えても、意味がないと思います。あなたの知り合いに本当にがんばっている教師の方がいらっしゃったらお話を聞かれることをお勧めします。
教師が給料を貰いすぎだ、なんて多くの教師が聞いたら、何て言うんでしょうね。この仕事はだれにでもできる仕事だとは思いません。
僕なら言います。ならなってみろ!やってみろ!ってね。

僕はかつての教え子と食事をしたり会ったりすることもありますが、教師になることは勧めていません。なりたいならその覚悟が必要だと。

私は今年度で仕事を終えることにほっとしています。もちろん来年からの生活のために仕事をしなくてはなりません。今はタクシー会社に連絡を取って就職をさせていただくつもりですけどね。

ここで会社勤めの経験もあり、研修での経験もある自分としてもう一度言わせていただきます。
給料、退職金は貰いすぎだ、などという意見はまったく当たっていないと!

コメントを投稿する