海外マーケティングをサポートする中で見えてくる「日本人のこと」「外国人のこと」。固いことから柔らかいことまで様々な視点から書いていきます。

「ウェイボー投稿代行サービス」始めました。[Vol.2]

»
前回のブログからの続き

■中国人留学生の存在はとても貴重
日本には幸い、何万人という中国人留学生が存在しています。中国人留学生は大学で日本語で授業を受けて、日本語でレポートを書いている程の日本語力を持っています。そして、当然中国語はネイティブです。そして、日本のニュースだけでなく中国のニュースも見ていますし、流行もある程度は把握しています。さらに中国現地には、当然、家族や友人がいて定期的に連絡を取り合っているわけです。だいたいの情報は入手しているし、調べようと思えば調べられるし、分からないことは現地の友人等に聞くことが出来ます。

例えば、こんなことを中国人留学生にネットで調べてもらうだけなら、そんなに大変なことではありません。

・上海で流行しているファッションの写真をピックアップしレポート
・売れ筋商品を定期的にピックアップしてそのヒット理由を独自解説
・人気・話題のCM・広告をレポート&なぜ人気なのか独自解説
・ウェイボーで売り上げを上げている手法をレポート
・夏休み旅行、どの国が人気なのか?それはなぜなのか?をレポート
・今月の日本に関するニュースを収集し、その傾向をレポート

もし、日本人が同じレベルのことをやろうとすると莫大な時間とコストがかかりますよね。中国語教室に通わなくちゃいけないし、中国人がなぜそのように感じるのかを知るために現地に数年間暮らさなきゃいけないし。。。そんなお金があるわけがなく、そんな時間もあるはずがないのです。情報収集するだけでも、日本人ではどうしても限界があるため、中国に進出する際には、中国人と共に仕事をする必要が絶対にあります。

なのに、なぜ中国人留学生をもっと活用しないのでしょうか?なぜ、中国人留学生はコンビニでのアルバイトばかりなのでしょうか?こんなにも能力に長けた人材は日本には沢山いるにも関わらず、なぜ活用していないのでしょうか?

日本の中国進出のコンサルタントから教えてもらえることは出来ますが、結局は間接的に中国を見ているだけにすぎません。直接、中国人と話して中国とはどんなところなのか自分自身で感じて、自分自身で考えることが出来なければなかなか上手くいかないのです。中国人と話したこともないのに中国進出する人なんていません。

そういう意味でも中国人留学生と一緒に仕事が出来るというのは非常に貴重な機会になりますし、ウェイボーを通して現地中国人の反応を見れるというのはとても重要です。もちろん、中国語が出来た方が良いですが、それでも日本語で中国人と接することが出来るというのは最初のステップとしては最適だと思います。中国人留学生と共に考えながら中国について知識を増やしていってほしいと思います。

■コンビニのバイトで終わってしまうのは留学生にとっても日本企業にとっても損失
コンビニでアルバイトをする中国人はどこにでもいます。しかし、中国人留学生が日本に対して貢献できるのは果たしてそれだけなのでしょうか?私はこれだけ中国進出が叫ばれているにも関わらず、中国人留学生がいまだにコンビニのバイトに精を出している姿にとても残念な気持ちになります。彼ら彼女らには、日本企業に対してもっと沢山のことを提供出来るのに、なぜいつまでもコンビニのバイトで終わってしまうのだろうかと。コンビニのバイトを日本で4年間してその後中国に帰る人は一体日本に何をしに来たのでしょうか?もちろん、中国人留学生の彼らにとっては、他国で生活した経験は何にも代えがたいものだとは思います。しかし本来、もっと活躍できるにも関わらず、もっといろんなことを知ることが出来るにも関わらず、それさえ知らずに帰国してしまうのは留学生にとっても日本にとっても大きな損失であると私は思います。

今の状況は中国人留学生は日本国の「お金を落としてくれるお客様」に近い存在でしかありません。借金までして日本に来たのに、コンビニのアルバイトに明け暮れ、日本人学生と同様な学生生活を送って中国に帰るなんて、中国人留学生からしても不本意であると思います。実際、日本に留学生したがためにサバイバル力が必要な中国本土に馴染めなくなって苦しむ人も沢山いるのです。

中国は、人脈の社会です。だから、常に関係を保っておかなければなりません。しかし、多くの中国人留学生が日本という生活しやすい国に慣れてしまう事で、中国国内でのサバイバルに生き残れない人間になってしまっては、日本にとっては何の意味もありません。本来、日本企業としては中国人留学生を採用することで中国と日本の懸け橋として期待していたにも関わらず、日本国内で長く過ごしてしまったばっかりに、今までの人脈がなくなり、そして、中国国内で生き残れるような強さを失ってしまっていたのであれば、それは失敗以外の何物でもありません。これでは中国現地の日本語の出来る大学生を採用したくもなります。

また、多くの企業で中国人留学生をマーケティング部に配属することが多いと思います。しかし、長く日本にいたせいで中国の変化についていけず、中国人留学生の感覚がすでに時代遅れであることも珍しくありません。「私が日本に来る前の事は分かるけど、今はどうなのか分からない」では、何の意味もないのです。

中国人留学生も若いために、短期的にしか物事を見ていない所があります。今はとっても良い環境の日本でゆったりとのんびりと学び暮らして行けるでしょうが、いずれは中国に帰らなければなりません。いずれは中国という国でサバイバルしなければならないにも関わらず、日本企業で日本人と同じようにしか働けないようになっては中国人であるメリットが何にもないのです。中国人の方なら分かるはずです。日本企業のやり方が中国で通用しないことを。日本留学で得た経験をもとに中国で生活するためにはどうすべきなのかを考える必要があるのです。

そして、私たち日本企業は、何をすべきなのでしょうか?これだけの中国人をみすみす無駄にするのには損失が大きすぎます。中国人だからこそ出来ることがあることを、日本のぬるま湯でふやけてしまう前に何をすべきなのか少しでも努力出来る環境を与えなければなりません。

ウェイボースタッフでは、これらの事を踏まえ面接を行い意識の高い中国人留学生を上記の条件に当てはめて採用を行います。中国の流行や情報を常にキャッチしていて、それがなぜ引き起こされるのかを自分なりに考えてまとめる能力のある中国人留学生を厳選しております。

■厳選した中国人留学生が「情報提供&ウェイボー投稿代行」
今月から開始している「ウェイボースタッフ」は、そんな中国に関する情報提供サービスも含んだウェイボー投稿代行サービスです。ウェイボーを更新することで、中国人の反応を見ることも出来ますし、中国人留学生がクライアントに合わせて中国の情報も収集することが出来ます。また、随時ウェイボーでどうアピールすべきなのか等についてメールでお互いに相談し協力することが可能です。
また、日本人にはないアイデアや感覚を得たいという企業にとっても有効だと考えています。

スタッフとして採用する留学生は下記のような基準で実際に日本語で面接を行った上で、採用を行います。
 ・東京大学、早稲田大学等一流大学の留学生の中でも優秀な留学生を厳選
 ・ウェイボーを頻繁に利用している方
 ・マーケティング、広告、Webマーケティング、PRなどの経験・知識・興味のある方
 ・コミュニケーション能力がある方
 ・なぜそうなのか?と自分自身で疑問を設定し仮説を立てて調べることが出来る方

企業担当者は日本語で投稿文をメールするだけで、その内容を中国人留学生が中国語に翻訳してウェイボーに投稿します。留学生は長時間毎日働くことが出来ないので、1つの企業につき2人~3人態勢で対応します。そのため、主観的になりすぎないでレポートすることが可能です。

■多くの企業を担当することで知識を蓄積
多くの業種、多くの企業を担当していくことで留学生は知識と経験を積むことが出来ます。その経験値をクライアント及び他の留学生とも共有しさらに効果的なPRが出来るようにしていきます。多くの企業が使えば使うほど、効果的なPRが可能となります。

■月額18,750円と格安の料金
留学生であるという事と多くの企業にご利用頂きたいという気持ちからこのお値段にて提供されています。既に中国人を活用している企業でも手軽に活用頂けますし、これから中国人を雇っていこうとする企業にとっても手の届きやすいサービスになっていると考えています。ウェイボースタッフを活用してより多くの日本企業に中国を知って頂ければとてもうれしく思っています。




【「ウェイボー投稿代行サービス」紹介ページ】

【プレスリリースはこちら】
中国版ツイッター 新浪微博投稿代行サービスを開始! 
~東京大学・早稲田大学等、一流大学の中国人留学生が対応~

【Yahoo!などにもインタビュー記事が掲載されています。】
・Yahoo!ニュース:
・サーチナ:
・ライブドアニュース:
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する