ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

都議選よりもスゴイ東芝の手書きタブレットAT703レビュー!えー!ちゃんとしてる!

»

すごい!書き味良すぎてキモい!消しゴムすごいきもちいい!しかもCMが福山雅治らしい。どうでもいいけど。

要するに異常に書き味が素晴らしい東芝製ペン付きタブレットのBluetoothキーボード付きで10.1インチで解像度2560x1600+Tegra4という、スペック。正直言って、すごい、和製androidタブレットなめてた。まじですごい。 

TruNoteというアプリの出来と、文字認識のレベルが異常に高くて驚きましたー。最近の文字認識のレベルって高いですね。

デモしますねー。

↓文字かくよー

↓囲むよー

メニュー出たよー

↓検索ーどこかで見たことあるデモですね。


という、enchantmoonっぽいこともできます。ただ、機能としては、どっちかというと、enchantmoonよりも、MicrosoftのSurface Proに入ってるOneNoteの方がはるかに近い。

すっごい適当に表を書いたー。線も曲がってるし、はみ出てるけどいいやー。

↓形式を選びます。パワポとかWordとかpdfとかいろいろ選べます。

↓自動整形して、一瞬でパワポ形式やWord形式や、pdfに変換!!!正直、これを一人やってて、部屋で一人で「おおおお!」とか言ってましたよ。

↓文字と図形を組み合わせて描いてみた。

↓パワポに変換。おおおお!ほぼ合ってる!文字が旧字体だ。

↓ThinkFree Officeというオフィススィートがプレインストールされているので、多少の認識ミスは自分で直せます。

もちろん、書いたものは、androidのintent機能で、evernoteやdropboxやgoogle driveなどに飛ばせます。

手書き文字を手書きで検索もできます。もう、わけがわからないですね。

↓「飲み会」で検索

↓検索結果。

書き味もすごく良いです。海外で発売されたでっかいgalaxy note 10やsurface proなんかよりも、書き味のレベルが違う。

そんなわけで、多分、キーボードとペン付きタブレットでオフィススイート連携というアプローチからすると、MicrosoftさんのSurface Proのポジションなんじゃないかと思ってます。

デジタイザーペンの出来がすごいいいです。書き味が、微妙に抵抗があって、書きやすいです。書き味の秘密は、どうも、筆跡を先読み予測をしているようです。一度、解析してみたいですね。筆圧1024段階です。

使い方がわかりやすい。文字書いている時と、消しゴムで消している時が非常に心地いいです。

ACアダプタはUSBじゃないです。

スペック表。すでに異次元です。10.1インチで2560x1600ピクセルというのがすごいです。スピーカーはHarmanです。音いいです。後のスペックは このへんに書いてます。

そんなことをいいつつも、実際はリファレンス機じゃないかと思うほど、普通なandroidタブレットです。ただ、、東芝製なので、REGZA系の連携アプリがたくさんプレインストールされてますが、うちにはテレビがないので試せません。

しかし、実際は普通にandroidタブレットです。しかも、Googleリファレンスマシンかと思うほど、素直な作りです。設定画面もあんまりいじってません。ペンタブの設定がついたくらいですね。

ぶっちゃけペン付きタブレットってどうなん?

えーと、これは今回の東芝の製品に限らない話ですが、Galaxy Note2を使ってから、ペンの重要性を感じてます。個人的にGalaxy Note2のペンは、スゴイ使ってます。

↓いちばんよく使うのは、todoリストを整理するときに、使いますね。紙だとなくしちゃうので。

人に何かを説明したりするのにも、ペンは最高のデバイスですね。アイデアメモにもよく使いますね。紙よりいいのは、紙のメモはどこかにいったり、人に見つかると、恥ずかしかったりするのですが、デバイスで描くと、evernoteやdropboxに保存できるのがいいですね。

タブレットなのでこういう使い方もできます。

CPUパワーありますし、解像度も高いので、ブラウザ上で動く開発ツールも動くものもあります。下記はHTML5のモックアップ作成ツールです。

Bluetoothのキーボードが付いているので、いろいろ遊べます。

解像度がでかいので、普通にterminal IDEでローカルでvim(テキストエディタ)が動きます。ソースもかけます。

はたから見ていると、androidタブレットである必要性すら、感じません。普通にローカルでシェルもvimも動きますし、SSHも動くので、日本語環境が微妙な以外は何の問題もないですね。

AIDEを使えば、androidタブレットで、androidアプリを開発できます。しんどいけど。

ビルドしてみた。

Screenshot_2013-06-24-11-32-35.jpg

helloworldのapkファイルができた。わーい。

Screenshot_2013-06-24-11-33-05.png

androidなので、普通にゲームも動きます。

androidなので、豊富なギャルゲーも動きます。画面はクラナドです。さらに、androidはnscripter互換のエンジンがいくつかあるため、ノベル系ゲームが豊富ですね。ギャルゲーは置ける端末で遊ぶものです!

CMが福山雅治だったりするよ。

CMが福山雅治という豪華なCMです。お金かかってますね。

あとの、細かいスペックとかは、 このへんに書いてます。

ダメっぽいところ:

ペンの書き味は最高なんですけど、ペンを収納するところがない。なくしそう。。。

付属のキーボード付きカバー重いかも?。400g。本体670gでカバー400gって。

パワポ変換は賢いけど、表はいいけど、図形が増えて、複雑になると、弱い。

電池は同じサイズのipadほど、長持ちではないが、公称9.5時間。公称な!うん。

他にも不満があるとすれば、多くは他のandroidタブレット共通の不満点だと思う。


なんで都議選よりもすごいの?

デモ機が届いて、遊んでたら、都議選に行くの忘れたよ!


Comment(0)

コメント

コメントを投稿する