スマートフォンやタブレットで話題のAndroidを私なりの視点で

UZONE F5豪華版

»

お世話になります。

さて、今日は、久しぶりに5"クラスの小型サイズの端末の紹介をしたいと思います。
最近ですが、非常に中国製のスマートフォンが注目されています。
ご存知の方も多いと思いますが、ドコモがHUWEI(華為技術)の商品を発売すると先日、発表がありました。
日本も含めてこの中国製のスマートフォンは世界的に今、かなり注目されています。
理由を私なりの視点で書かせて頂きます。
1、安価である
2、デュアルSIMタイプの製品が多い
1に関しては、幅はありますが、感圧式のものであれば、1万円以下で、静電式タイプであれば1万円以上であればそこそこのスペックのものが手に入ります。
安いスマートフォンは、東南アジアやアフリカでも需要があるようです。
少し値段はあがりますが、クアッドコアのCPUを搭載した製品も登場し始めています。
2に関してですが、日本は島国の為、イメージしずらいですが、ヨーロッパや東南アジアといった他の国々は陸続きの為、本国以外のSIMカードを持っているケースが多いとの事です。
その為、デュアルSIMのタイプの製品は重宝されるそうです。
これは個人の感覚ですが、5"クラスのタブレットタイプよりも5"クラスのスマートフォンタイプの方がUIが作り込まれているものが多いです。
前置きが長くなってしまいましたが、今回は、UZONE F5豪華版というスマートフォン型の製品を紹介したいと思います。
06141958_4fd9c3e77efff
まずは、スペックの紹介をしたいと思います。
液晶サイズ:5"
液晶解像度:800×480
タッチパネル:静電容量方式
CPU:MTK6573(650+350MHz)
OS:Android2.3
RAM:512MB
バッテリー:2200mAh
重量:約200グラム
サイズ:約142×79×11mm
この製品ですが、上記で説明させて頂いたデュアルSIMのタイプの製品です。
電波法の関係で日本国内で使用する事は難しいと思いますが、SIMを2枚差し込む場所があります。
もちろんSDカードを差し込む場所もありますので、本を読んだり、動画を見たりといったタブレットとしての使用用途も可能な便利な端末です。
動きもサクサクです!
しかもバッテリーも交換する事が出来るので、バッテリーさえ手に入れば、半永久的に使えちゃうかもしれないという優れものなのです。
ご興味ある方は、以下サイトをご覧になってみて下さい。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する