スマートフォンやタブレットで話題のAndroidを私なりの視点で

いよいよはじまりました。

»

この記事を既にご存知の方はどれくらいいるでしょうか?

当初から言われていましたAndroidがいよいよ家電に搭載されるようです。
記事を読んでみると、今回、パナソニックの家電にAndroidが搭載され、家電の遠隔操作や設定等は、Androidのアプリを使ってスマートフォンで操作するそうです。
AndroidというOSが、スマートフォンやタブレットだけを目的としたOSではなく、家電や自動車といった一般製品にも搭載されるOSであるとは、言われてきましたが、実際にこれから搭載されると考えるとやっぱりワクワクしますね。
これなら最悪エアコン切り忘れても家に帰る必要はないので、私的にも助かりますね。
確かに普通に考えてこれだけ沢山の家電製品が登場する中でそれが個々で独立しているのはおかしい話しで、ある程度クラウドサービスのインフラも整ってきたので、そろそろそれを共通で管理する必要が出てくるのは、当たり前の話しですよね。
さらにスマートフォンがこんなにも普及した世の中であれば、こういったサービスがこれからも出てくるのは当たり前の話しなんでしょうね。
中国では既にスマートウォッチの部類の商品が続々と誕生しています。
中国製品なので、実用に耐えれる商品ではありませんが、それも時間の問題で時間がたてば解決する問題であると推測されます。
今は、スマートフォンの方が操作性も機能も断然上ですが、それをスマートウォッチがこえるようになれば、時計の操作で製品を操作出来る日も近い気がします。
もしかしたら、その頃には、ロボットも登場してるとさらにワクワクしますが...。
昔見たVTRでユビキタス社会を紹介するものがあったのですが、それには、眼鏡にWiFiかBluetoothの機能が搭載されていて、それをかけている少年が自転車に乗りながら、目的地を調べたり、自転車のサドルを操作したりしている映像があったのですが、これも夢ではないですね。(多分、その内、スカウターも販売し始めると思います。)
まずは、このパナソニックの試みが沢山のユーザーに受け入れられて普及していけばな~って思います。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する