本とことばと明日のこと。

Wordの[フォント]ダイアログの怪

»


 見るたびに、なんとも居心地の悪い思いをさせられるもの。それは Microsoft Word の[フォント]ダイアログです。[フォント]ダイアログを開き、そこで使われている用語を見ると、[フォント]ダイアログの中に[フォント]タブがあり、さらに[フォントの色]などの項目があります。なんとなくマトリョーシカ? まあそれはともかく、どうにもお尻がムズムズしてしまうのです。

 もちろん、Word はすばらしいソフトです(実際、業務でも使っています)。かつて苦境にあった Apple が存続できたのも Microsoft Officeスイートが Mac OS X 向けに提供されたおかげです(ジョブズがアップル復帰後に最初に行った大仕事が、Office製品を引き続き Apple に提供するようゲイツを説得することでした)。

 そんなすばらしいソフトであるのに、筆者がムズムズさせられる[フォント]ダイアログ、皆さんにもお馴染みのものでしょう。

Microsoft Word 2010の[フォント]ダイアログ
 
Word_2010


 このダイアログの最大の問題点はその名前、[フォント]ダイアログにあります。その理由を次に説明したいと思いますが、その前に「フォント」とは何かについて、おさらいしておきましょう。
 専門的にはいろいろな説明のしかたがありますが、DTPソフトの Adobe InDesign の説明が比較的わかりやすいと思います。以下に、InDesign CS4 のヘルプから引用しておきます。[ ]は引用者付記。

フォントについて
 フォントは、文字、数字、記号などのセット[字形のセット]で、例えば、13 級の小塚明朝Pro R などのように、太さ(ウェイト)、平均的な字幅、スタイルといった属性を持っています。
 書体(フォントファミリまたはタイプフェイスとも呼びます)は、小塚明朝など、共通の体裁を持つフォントの集まりで、一緒に使用するように設計されています。
 フォントスタイルは、フォントファミリに含まれるフォントのバリエーションです。 欧文フォントでは、Roman または Plain(フォントファミリごとに名称は異なります)は、フォントファミリの中で基本となるフォントで、「regular」、「bold」、「semibold」、「italic、「bold italic」などのフォントスタイルがあります。

 ややこしく感じる方もいると思うので、図解しておきます。

フォント、書体、フォントスタイルの関係
Photo_3


 上の図解には載せませんでしたが、それぞれのフォントの実体が「フォントファイル」ということになります。実際のところ、フォントとは何なのか、なんとなくわかっていただけたでしょうか。しつこいですが、フォントの定義を別のことばで言うと、

決められたデザインポリシーで設計された字形を持つ
 
アルファベット、ひらがな、カタカナ、漢字、数字、記号類の集合体

です。上の定義中の「字形」はグリフ(glyph)とも呼ばれますが、とりあえずは「字の形」と理解しておいてください(そのまんまですが、深入りするとややこしいことになるので)。

 さて、[フォント]ダイアログの目的は何でしょうか? それは、Word文書内の文字(厳密には文字列)に対して書式情報を与えることです。フォントに書式情報を与えるわけではありません。であれば、[文字]ダイアログが正しい呼び名ではないでしょうか。たとえば InDesign ではそのような名称になっています。以下に、InDesign の文字パレットのキャプチャを示します。

InDesign の文字パレット
 
Indesign


 次に[フォント]タブの項目を見ていきましょう。
 冒頭の[日本語用のフォント]と[英数字用のフォント]は問題ありません。というか、実際にフォントを指定しているのはこの2つと、その右の[スタイル]と[サイズ]だけです。ちょっと気になるのは、太字や斜体を設定する[スタイル]です。Word には「文字スタイル」や「段落スタイル」といった文字や段落に関する情報を取りまとめた「スタイル機能」があり、単に「スタイル」だと区別がつきません。英語版Wordのように[フォントスタイル]にしたいところです。

 その下に[すべての文字列]というラベルがあります。このラベルは必要なのでしょうか? 筆者にはよくわかりません。以下のページを見ると英語版の[Font]ダイアログにはないようです(追記:英語版の Word 2010 にも Word 2007 にも[すべての文字列]に該当するものはありませんでした)。そもそも、指定した文字列のことを「すべての文字列」と呼ぶのは奇妙な気がします。何か深い意味があるのでしょうか…。特に意味がないのなら削除したほうがすっきりします。

Ribbons|Microsoft Dev Center - Desktop
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/cc872782.aspx

英語版の[Font]ダイアログ
Ic209033

 次は[すべての文字列]ラベルの下の[フォントの色]です。ここも「フォント」の部分が問題です。そもそも、字形の集合体であるフォントには色を付けることはできません。日常会話では「本文中のMS ゴシックのところ、赤[色]にしておいて」などと言うかもしれません。コミュニケ−ションとしては不都合はありませんが、正確に言えば MS ゴシックが赤く染まることはありません。MS ゴシックの文字に赤色を設定するのです。
 では、どうすればいいのか。筆者の推奨案は「文字色」です。単に「色」だけだとちょっと漠とした印象を与えそうですので。

 最後に、筆者の推奨案をまとめておきましょう。次の Office で改善されるかどうかわかりませんが、いちユーザーの意見として記しておきます。

1. [フォント]ダイアログは[文字]ダイアログとする

2. [スタイル]は[フォントスタイル]にする

3. [すべての文字列]を削除する

4. [フォントの色]は[文字色]にする


【参考文献】293
文字コード「超」研究 改訂第2版
 深沢千尋 著、ラトルズ、2011
 http://www.amazon.co.jp/dp/4899772939/

Comment(4)

コメント

そういうことは、直接連絡するとよいと思いますよ。(採用されるかどうかは別にして)
https://support.microsoft.com/contactus/emailcontact.aspx?scid=sw;ja;1238&ws=japan

このあたりは日本語版で独自拡張されている部分ではあるので、旧バージョンとの互換性(あるいは解説書などとの整合性)などが考慮されている可能性はあると思います。
ちなみに、私は「単語数(Word Count)」を「文字数」と訳すのをやめてほしいと思っています(この訳語が他の製品にまで影響しているので)。

川月

大野さん、コメントありがとうございます。
そうですね、サポートに連絡するのもよい考えでありますね。

>「単語数(Word Count)」を「文字数」と訳すのをやめてほしい

これは是非サポートにご連絡を(笑
というのは冗談で、「単語数」は「ファイル」メニューの「プロパティ...」で表示されるダイアログ中のものでしょうか? そこには、
「文字数(スペースを含む)」
「文字数」
「単語数」
の3つがあるので、「単語数(Word Count)」を「文字数」と訳していないような気がするのですが?
#もしかして、他の箇所にもあるのかな...

ワードの左下(ステータスバーの左端近く)に出ているものです。
実際に文書として英単語を入れてみると単語数であることがわかります。
日本語の場合は、1文字=1単語扱い(←“単語”の途中で改行されないので、そのような扱いになっている)なのですが、それを単語数というのも変なので文字数と表現しているのだと思います。
それはしかたがないのですが、おそらくそのおかげで別のツールの "Word Count" 表記まで「文字数」と訳されてしまっているので、そのツールでは意味が通じにくくなっているのです。
当然連絡済ではあるのですが。

川月

> ワードの左下(ステータスバーの左端近く)に出ているものです。
Mac版のWord 2011には「文字数」は表示されていないのですが、
WindowsのWord 2010には表示されていますね。失礼しました。
一番いいのは「文字数」と「単語数」の両方の表示だと思うのですが、場所をとるのが難点です。

コメントを投稿する