本とことばと明日のこと。

60秒間ソーシャルメディア インフォグラフィックに見るソーシャルメディアの本質

»


海の向こうではインフォグラフィックが文化として根づいているようで、ネットでもインフォグラフィックをたくさん見ることができます。ただ、とりあえずイラストを配置して、タイポグラフィー(文字をデザインして配置すること)を施してみました的なものが多く、「これはイイ!」というのはそれほど多くはありません。

ですが、今回紹介するインフォグラフィック「Every 60 seconds in social media」は切り口がなかなかよいです。一言で言うと、ソーシャルメディアが60秒間に行う活動を可視化する、というものです。
Jennifer_van_grove

Every 60 seconds in social media (infographic) | VentureBeat by Jennifer Van Grove[2012-02-25]
http://venturebeat.com/2012/02/25/60-seconds-social-media/#.T0lHaNoDdH8.twitter


インフォグラフィック中のデータを訳しておくと、次のようになります。

Pinterest は 60秒間に 1090人が訪問する
foursquare では 60秒間にチェックインが 2000個登録される
flickr は 60秒間に 3125枚の写真がアップロードされる
TAGGED では 60秒間に 3500人が新しい友達を見つける
LinkedIn では 60秒間に 7610回検索が実行される
StumbleUpon では 60秒間に 7630回スタンブルされる
Twitter では 60秒間に 17万5000のツイートが投稿される
Facebook では 60秒間に 70万のメッセージが送信される
YouTube では 60秒間に 200万の動画が視聴されている

※ 上記のソーシャルメディアのうち、TAGGED と StumbleUpon が少し耳慣れないかもしれません。 TAGGEDはいわゆる "つながり系" SNSで、StumbleUpon はSNS+多機能ソーシャルブックマークのようなもので、Stumbleボタンを押すだけでオススメが表示され、新しいものに偶然出合うことができます。


最近、ちまたでは Pinterest が熱狂的に取り上げられ、Twitter はうわさ話で持ちきり、Facebook は "インターネット" パーティの華、foursquare のチェックインは自分の居場所を全世界に発信。

これらのものが何を意味しているかは明らかだと作者のジェニファーさんは言います。曰く、

ソーシャルメディアは世界を手中に収めた

そして我々は、1日24時間1440分を賢明に生きなければ、文字どおりソーシャルメディアに支配されてしまうのです。

────────────────────────────────

[追記 2012-02-27]
その後、StumbleUpon について紹介しているサイトを見かけたのでご紹介しておきます。ブログ「the Public Returns - 続・広報の視点」のエントリー「ソーシャルグラフとインタレストグラフを合わせて「発見」を提供するStumbleUpon:デジタルでできていないことは需要喚起」によると StumbleUpon は次のようなものだそうです。

StumbleUpon は、セレンディピティ型SNSとも"Web discovery engine"とも呼ばれるもので、「Stumble! ボタン」を押すだけで、自分の気になるジャンルで、だれかが推薦している人気のあるエントリーやサイトが次々と現れてくる、というもので、時期によっては Facebook 以上にトラフィックを生み出していました。

その他詳細については、同エントリーをご覧ください。

ソーシャルグラフとインタレストグラフを合わせて「発見」を提供するStumbleUpon:デジタルでできていないことは需要喚起(the Public Returns - 続・広報の視点)
http://capote.posterous.com/stumbleupon-provides-discovery-by-combining-s

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する