信用経済・評価経済が近づくなか、基盤となる信用スコアリングがどう実現され活用されるのか、紹介します。

Credit Tech(クレジットテック)~新しい時代の幕開け~

»

ーー信用の創造。評価経済。

日本でも最近、よく耳にするようになってきたキーワードだ。

現在、日本では「信用」に意識をあえて向けなくとも、国民のほとんどが不自由ない生活ができるだろう。基本的に会社に勤めていればローンが組め、現金があれば買い物ができてしまう。
諸国と比較しても日本では現金の信用が極めて高いことが、その一因にありそうだ。さらに遡れば、単一民族による村社会を起源とする国民性が、信用を意識することが少ない根本原因かもしれない。

一方で、日常的に「信用」を意識する国もある。アメリカでは、1950年代後半からクレジットカードが浸透し、現在でも非常に重要な役割を担っている。

「クレジットカードでどこまで支払えるのか?」は一種のステータスシンボルであり、特に金融の領域で、享受できるサービスや待遇を左右する大きな因子となっている。

この意味で、クレジットカードは「信用スコア」を見える化した先駆けとも言えるだろう。

アメリカに限らず、クレジットカード(≒信用スコアという考え方)は世界各地で展開され、スコアを上げる、スコアを下げないという感覚もかなり浸透している。「信用」の高低を意識した生活は、すでに日常に溶け込んでいるのだ。

そして近年、日本でも「信用」が囁かれ始めた。背景となる世の中の動きは次回以降の拙筆で言及するが、日本でも「信用」というキーワードを取り巻く変化が起き始めていることは間違いない。

本連載では、「テクノロジーを用いて、信用情報を新たに創造し、信用を精緻化すること、そして新たな信用を基盤に更に新しいサービスが成立するビジネス領域」を『CreditTech(クレジットテック)』と呼ぶこととする。

「新たな信用情報」とはなにか?

従来の信用情報は「政府」「銀行」「クレジットカード会社」などある特定の機関に保持・管理が許された個人情報のことだった。

しかしテクノロジーの進歩にともない、従来取得できなかった様々な情報が爆発的に可視化され、その結果として「信用」を精緻化するに足る情報が生成されてきた。

例えば、「交友関係などのつながり」・「個人からの評価」・「クレジットカードを介さないモノやカネや情報の流れ」。

これらは、もちろん以前から存在していたが、近年可視化されてきた「新しい信用情報」であり、活用することで個人の信用をより多面的に判断できるようになる情報だ。

もっと言えば、従来の情報だけでは信用を得られなかった個人が、より多面的な情報をもとに判断された結果、信用を獲得することができるようになってくる、ということだ。

金融の世界でいえば、所謂「金融包摂」の話として現出しているテーマと言えるだろう。
日本を含めた世界中で、こうした「新しい信用情報」の創造と活用が進んでいる。

本連載では、「Credit Tech(クレジットテック)」をテーマに、「信用」に関わるビジネスが盛り上がりをみせる背景を時代の流れから読み解くとともに、その最新の事例を紹介していくこととする。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する