Mac、iPhone、iPod、歌声合成、DTM、楽器、各種ガジェット、メディアなどの情報・雑感などなど

Windows Vistaの起動音が作られたのは「iPodを買うため」

»

 Windows Vistaのサウンドが決定したようです(キング・クリムゾン風?——Vistaの起動音が初公開)。1月の予想どおり、ロバート・フリップによる起動音になったもようで、そのサウンドはここから聞くことができます。

 1月の記事にも書きましたが、ロバート・フリップはWindows 95の起動音でも知られる元祖アンビエント&元ロキシー・ミュージックのブライアン・イーノとユニットを組んでおり、Microsoftはその12年越しのリユニオンをWindowsのスタートアップサウンドで結実させたのです。

 Fripp & Enoがどういうサウンドかをご存知ない人は、このページからプレビューしてみてください。1曲だけ、無料のフルダウンロードができます。

 さて、今回のタイトルについてですが、2006年1月26日のロバート・フリップの日記に経緯が書かれています。

 このプロジェクトの中心となっているMicrosoftのスティーブ・ボール氏というのが、フリップの昔からの知り合いで「ほとんど個人的なつながりによるもの」と説明しています。もちろん、Fripp & Enoの片方がWindows 95のスプラッシュサウンドを作っているのだから、残りがVistaの起動音を作るのは論理的だ、と認識しているそうです。スティーブ・ボール氏はフリップ主催のギターコミュニティ、Guitar Craftに参加しており、つまるところ、フリップの弟子に当たるわけです。弟子に頼まれればイヤとは言えないでしょう。

 さて、そういった経緯でMicrosoftと仕事をすることになったわけですが、フリップ氏はMacユーザーであります(日記はMacの音声認識ソフトを使って書いている)。

「Microsoftからもらったお金で何をする?」という意地悪な質問には「支払いと、新世代のiPodを買うため」と答えています。

 「Vistaは89%のコンピュータユーザーにとっては大きな飛躍だ」とフリップ。Vistaチームは意欲にあふれ、確信に満ち、積極的で、友好的であり、協力的であったと述べています。

 「Apple Computerのために仕事をする可能性は?」という質問には、「条件による。その条件とは、依頼を受けることも含まれる。この点ではMicrosoftのほうが先行した」と回答。依頼があれば仕事したのに、ということでしょうか。

 今回の記事とは関係ないですが、キング・クリムゾンで一時期ベースとボーカルを務めたボズ・バレル在籍時のキング・クリムゾンの曲“Ladies of The Road”がここから無料ダウンロードできます(ただし、無料の登録が必要でBitTorrentが必須)。

Comment(2)

コメント

ネハ

いい記事、ありがとうございました(笑)。

フリップのコメント、秀逸ですね。
しかし、ギタークラフトに参加したにもかかわらず、マイクロソフトで働くなんて人がいるんですね(もしくは「マイクロソフトに勤めるような人にもクラフトに参加する人はいるんですね」)。まあ、いるでしょうが……(笑)。
しかし、「残りがVistaの起動音を作るのは論理的だ」って、全然ロジカルじゃないと思います。Fripp & Enoを前提にして考えているところからして、まるでダメです。
フリップと聞いて、関係ないのにわざわざボズ・バレルを引っぱり出してくる人のほうが、よっぽど正しいです(笑)。亡くなったんですよね? 合掌。

koya

ギタークラフトの人は一回MSやめて会社起こしたみたい。でもバブルはじけちゃって入り直したんで、「MSにとってはよかったんじゃないの」とフリップ。
ボズ・バレル合掌。ポール・ロジャーズの手前、バドカンではボーカル封印してたけど、ちゃんと歌えたんだね、といまさらですが。
Fripp & Enoはうーん……。イーノはちょっとな。

コメントを投稿する