日々変わりつづける世界を、すこしだけ応援していくブログ。

海外のスポーツ分野を後押しするクラウドファンディングサービス5選

»
このブログではいくつもの海外クラウドファンディングサイトを紹介してきました。その中でも多いのが、スポーツ分野です。今回は、整理も兼ねて、スポーツ分野に特化した海外のクラウドファンディングサイトを紹介します。

カナダのクラウドファンディングサイト「Pursuit」

Pursuit

まずは、海外のスポーツに特化したクラウドファンディングサイト「Pursuit」です。ロゴの色からも分かるように、オリンピック選手の支援をメインのターゲットとしています。

創業者もオリンピック選手

このサービスをつくったリチャードさんは、自身が2000年のシドニー五輪のカヤック競技でメダルを逃した経験があるとのこと。その悔しさなどもあり、今後出てくる有望な選手を応援する仕組みとしてクラウドファンディングサイトをつくったそうです。

昨年10月にリリースし、すでに約12万人ほどが利用し、1600もの町にまで広がっています。集まった金額はまだ11万ドルほどですが、多くの人を巻き込みはじめているのでさらに増えていくことでしょう。

ゴルフ、陸上、体操、サッカー、ホッケー、ヨット、スノボー、ボクシングなど、非常に多様なプロジェクトが並んでいるサイト。チーム競技の場合は「誰に支援するか」ということも決定可能です。

このサイトは非営利目的ですが、手数料やサイトのメンテナンス費用として、寄付の15%をもらっている形とのこと。

カラフルなフェイスブックのカバー画像や壁紙をダウンロードできるようになっていて、お金による支援以外の方法もあるのは良いポイントだと思います。

Facebook_covers

Pursuit

フィンランドのクラウドファンディングサイト「Kiririnki」

Kiririnki

フィンランド発のスポーツクラウドファンディングサイト「Kiririnki」です。

主に若いスポーツ選手を支援することをコンセプトに、フィンランドの新しいスポーツ文化の創造を目指しているとのこと。

きっかけは、2012年に開催されたロンドンオリンピックで、同国の結果が振るわなかったことと、スポーツの支援が薄いと感じたことから。

同国では、法律の関係で、寄付型が難しいこともあり、リターンも各種ありで、ギフトカードや実際に競技のアドバイスなど、支援金に見合ったものが用意されています。

また、YoutubeInstagramなどの活用も摸索しているようで、その発信の仕方に好感が持てますね。

[Kiririnki]

アスリートやスポーツ分野の起業家を支援するクラウドファンディングサイト「RallyMe」

Rallymetop

今回は、アスリートやスポーツ分野の起業家を支援するアメリカのクラウドファンディングサイト「RallyMe」について紹介します。

このサイトでは、スキーチームやスノーボードのクラブや協会など6つの団体とパートナー提携しています。昨年10月にリリースされ、すでに事例も出てきています。

例えば、Emily Scott さんというアイススケーターは、7日足らずで48,000ドルのプロジェクトを成立させました。また、少年サッカーチームも23,000ドルを集めて成功しています。

Rallymepj

スキーやスノボー、スケートなど冬のスポーツが多いですが、これらのスポーツが資金集めに苦労しているためだと思われます。オリンピック選手も何名かこのサイトを利用しているそうで、現在進行中のプロジェクトではボブスレー選手がいたりします。

[RallyMe]

オーストラリア初のスポーツ・クラウドファンディングサイト「Sportaroo」

Sportaroo

「Sportaroo」は、今年始めにリリースされ、オーストラリアでは初となるスポーツ分野に特化したクラウドファンディングサイトだと言われています。

いわゆる、「All or Nothing」型のクラウドファンディング。スポーツクラブや個人アスリートに焦点を当てています。手数料は10%と、海外サイトでは少し高めの設定。

このサイトをつくったのは、元々国際テニス連盟のランキングにも入るくらいのテニスプレイヤーだったとか。

現在掲載中のプロジェクトにおいては、1,000〜20,000ドルほどの規模感です。サッカー、モーターレース、カヤック、ボブスレー、スキー、カイトサーフィンなど、多様なプロジェクトが揃っています。

ミッションを見ると、世界中のスポーツ分野のクラウドファンディングサイトになることはもちろん、コミュニティ形成も考えているようです。

“Our vision is to become the sponsorship crowdfunding platform of choice for every sports team, large or small, of any sports code, all over the world. And, ultimately, be the largest, most vibrant online community of sports lovers who don’t just spectate, they participate.”

[Sportaroo]

オーストラリアのクラウドファンディングサイト「Team Bus」

Team_bus

先ほどのサービスとは別の、スポーツに特化したオーストラリアのクラウドファンディングサイト「Team Bus」です。

「Keep All」形式で、達成した分だけプロジェクトに生かせるというもの。手数料は達成金額の5.5%+αとのこと。

サッカーチームや障がい者スポーツの団体などとの提携し、プロジェクトを行っています。プロジェクトを見ても、サッカーや自転車、車いすバスケなど様々並んでいます。実際にロンドン五輪銀メダルの車いすバスケの選手は、10,000ドルのプロジェクトを達成しました。

サイトのワーディングやゲージなどもすべてバスにそろえてあるのがかわいいです。

Introducing Team Bus - the sports club and athlete fundraising vehicle from Team Bus on Vimeo.

[Team Bus]

*****

日本でもSportie FUND(スポーティー・ファンド)などのサービスは出てきています。スポーツとクラウドファンディングの相性は良いと思いますので、引き続きその動向に注目していきたいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する