ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

【記事紹介】2019年に急展開するデータ流通、業界・業種を超えたデータドリブン型エコシステムとは

»

2018年4月から「サービスから読むデジタル化の最新トレンド」というテーマで連載の機会をいただいており、

今回は、「【記事紹介】2019年に急展開するデータ流通、業界・業種を超えたデータドリブン型エコシステムとは」というテーマで寄稿しました。

スクリーンショット 2019-01-14 11.06.53.png

2018年は、データビジネスや政府のデータ関連政策への注目が集まった年となった。5月に欧州で施行されたGDPR(EU一般データ保護規則)のほか、様々なサービスのプラットフォームとなり「HyperScale Data Platformer」とも呼ばれる「GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)」の"情報独占"に対する規制の検討、そして2019年に始まる個人データを収集・管理する「情報銀行」の事業者認定などの動きが相次いだ。

  2018年は、データビジネスや政府のデータ関連政策への注目が集まった年となった。「GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)」による
  "情報独占"が進む中で、政府によるデータ流通における取引環境整備が進む年になる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する