ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

「スーパーシティ」構想実現に向けた実装技術と支える仕組み

»

内閣府の国際戦略特区は2018年11月26日、「第3回 「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会」を開催し、各府省のスマートシティの取り組みなどについて、議論・検討を行っています。

ゴール逆算型のアプローチ、ビッグデータの分野横断的な活用、スピード感と機動力といった視点を考慮しつつ、 国家戦略特区制度を活用し、世界最先端の実装ができる場を我が国内に設けるなど、「スーパーシティ」構想を実現していくとしています。

「スーパーシティ」の実装技術(イメージ)は、以下のとおりです。

スクリーンショット 2018-11-26 22.08.15.png

出所:第3回 「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会 2018.11.26

「スーパーシティ」と暮らし ~街なか編では、キャッシュレスや自動走行・自動配送の取り組みを紹介しています。

スクリーンショット 2018-11-26 22.10.46.png

出所:第3回 「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会 2018.11.26

住宅編では、遠隔医療・介護、行政手続ワンスオンリー、遠隔教育を紹介しています。

スクリーンショット 2018-11-26 22.12.37.png

出所:第3回 「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会 2018.11.26

「スーパーシティ」を支える仕組み(イメージ)では、Digital 情報レイヤー(情報系)からPhysical(インフラ系)を整理しています。

スクリーンショット 2018-11-26 22.14.26.png

出所:第3回 「スーパーシティ」構想の実現に向けた有識者懇談会 2018.11.26

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する