ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

【記事紹介】自動車業界に変革迫る「MaaS」、覇権争いの鍵握るデータ基盤

»

2018年4月から「サービスから読むデジタル化の最新トレンド」というテーマで連載の機会をいただいており、

今回は、『自動車業界に変革迫る「MaaS」、覇権争いの鍵握るデータ基盤』というテーマで記事を寄稿しました。

スクリーンショット 2018-11-09 12.54.09.png

トヨタ自動車とソフトバンクグループは2018年10月4日、MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」事業での戦略的提携を発表した。両社は共同出資で「MONET Technologies(モネ テクノロジーズ)」を設立し、2018年度中をめどに共同事業を始めるという。

事業開始当初は、利用者の需要に合わせて最適な配車ができる「地域連携型オンデマンド交通」や「企業向けシャトルサービス」などを、全国の自治体や企業向けに展開する。2020年代半ばまでには、移動中に料理を作って宅配するサービスや、移動中に診察を行う病院送迎サービス、移動型オフィスなどの多目的に活用できる「Autono-MaaS」事業を展開する予定だ。

目次

  世界では、複数の交通機関を連携させて一元的に検索・予約・決済を可能にするサービス「マルチモーダルサービス」や、カーシェアや相乗りなどのシェアリング型サービス、需要に応じて運行ルートなどを柔軟に変更できる「デマンドバス運行サービス」など、さまざまなMaaSが台頭している。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する