ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

国内のプライベートクラウド市場、2022年には2017年比の4.9倍の2兆851億円に

»

調査会社のIDC Japanは2018年11月6日、「国内プライベートクラウド市場予測」を発表しました。

IDC Japanによると、2017年の国内プライベートクラウド市場規模は、前年比40.6%増の4,223億円となり、年間平均成長率は37.6%で推移し、2022年の市場規模は2017年比で4.9倍の2兆851億円になると予測しています。

スクリーンショット 2018-11-09 12.33.15.png

国内市場は、「パブリッククラウドファースト」が進んでいる一方で、基幹系システム領域では「過去資産(ソフトウェア、データ、ITスキル)の継承性」や「柔軟な運用性」を重要視し、パブリッククラウドではなくプライベートクラウドを選択する企業は多く、国内プライベートクラウド市場の成長を促進しているとしています。

プライベートクラウドでは、基幹系システムの従来型ITからの移行だけではなく、デジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)に対する関心も高まっているとしています。なかでも、効率化を目的とした「産業特化型の共同センター」から「クラウドによる効率化と、DXの基盤」となるインダストリークラウドは高い成長が見込まれとし、また、ハイブリッドクラウドと相性が良く、優れた管理性を有する「ハイパーコンバージドシステム」への注目も高まっているとしています。IDCでは、これらの動向が、今後の国内プライベートクラウド市場の成長を促進すると予測しています。

IDCでは、国内市場では、すでに複数のクラウドを利用するマルチクラウドが浸透しているものの。クラウドごとの個別導入に留まることが多く、運用管理の効率化やガバナンス/セキュリティの強化といった課題が顕在化しています。複数のクラウドを統合的に運用管理するハイブリッドクラウドでは、高い柔軟性を有するプライベートクラウドが、その核としての重要性が高まっているとしています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する