ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2017年の国内クラウドセキュリティ市場規模は96億円、2022年には220億円に

»

調査会社のIDC Japanは2018年11月1日、「国内クラウドセキュリティ市場予測」を発表 しました。

IDCでは、パブリッククラウド環境へのセキュリティ対策製品市場を国内クラウドセキュリティ市場と定義し、

クラウドシングルサインオン
クラウドセキュリティゲートウェイ
その他クラウドセキュリティ

の3つの機能セグメントに分類し、市場規模算出/市場予測を行っています。

2017年の国内クラウドセキュリティ市場は、前年比19.7%増の96億円で、2017年~2022年の年間平均成長率は18.0%で、市場規模は2017年の96億円から、2022年には220億円に拡大すると予測しています。

スクリーンショット 2018-11-01 13.01.15.png

クラウドセキュリティ市場は、デジタルトランスフォーメーション(DX)の進展によって、パブリッククラウドやモバイルデバイスの利用が拡大し、ITリソースがパブリッククラウド上に展開されるケースが増加することから、パブリッククラウド上のITリソースを保護する目的としてクラウドシングルサインオンやマルウェア対策への需要が引続き高く、市場を牽引していくと予測しています。

また、社外からのモバイルデバイスによるパブリッククラウドの利用が拡大することで、会社が利用を認めていないクラウドサービスやデバイスなどの、「シャドーIT」による情報漏洩リスクが高まるため、ユーザーの挙動分析やアプリケーションの稼働監視などを行うクラウドセキュリティゲートウェイソリューションへのニーズが高まるとも予測しています。

特に、社外から直接インターネットを利用する「ローカルブレイクアウト」によるパブリッククラウドの利用では、クラウドセキュリティゲートウェイソリューションによるセキュリティ対策が有効であり、ローカルブレイクアウトによるパブリッククラウドの利用拡大とともに、急速に需要が拡大するとIDCではみています。特に、国内クラウドセキュリティゲートウェイ市場の成長率が高く、2017年~2022年のCAGRは37.2%と予測しています。

クラウドアプリケーションの稼動状況や利用ユーザーの挙動、そして使用しているコンテンツを監視するクラウドセキュリティゲートウェイでは、国内で利用されているクラウドアプリケーションとの連携が必要としています。

クラウドセキュリティゲートウェイソリューションを提供するサプライヤーは、国内のクラウドサービス事業者と協業し、クラウドアプリケーションとクラウドセキュリティゲートウェイとの連携を拡充していくべきでとし、これによって、国内でのクラウドセキュリティゲートウェイの需要が拡大すると予測しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する