ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

日本の国際競争力は5位に

»

世界経済フォーラム(WEF)は10月17日、「The Global Competitiveness Report 2018」を公表しました。本レポートによると、日本の総合順位は前年の9位から5位と大きく順位を伸ばしています。

アジア勢でトップ10に入っているのが香港(7位)、上位20位では台湾(13位)、韓国(15位)となっています。中国は28位です。

スクリーンショット 2018-10-22 16.50.10.png

出所:WEF The Global Competitiveness Report 2018

日本が上位に入っているのは、健康(Health)が1位、ICTの採用が3位、インフラが5位となっています。

その一方でマクロ経済の安定性が41位、スキルが28位などが低い数値となっています。

スクリーンショット 2018-10-22 17.00.42.png

出所:WEF The Global Competitiveness Report 2018

国際競争力の低いと言われている日本ですが、この伸び率をどうとらえるとよいのでしょうか。

時間があるときに、もう少し背景などを調べていきたいと考えています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する