ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会 普及促進タスクフォース 中間とりまとめ

»

経済産業省は2018年9月25日、「スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会 普及促進タスクフォース 中間とりまとめ」を公表しました。

本タスクフォースでは、

普及促進タスクフォースでは、家電等の家庭内スマートデバイスの利用促進に向けた課題の洗い出し、解決策の検討を行うとし、主な議題として、機器のネットワーク接続、家電コントローラとの接続、ECHONET Lite海外普及を扱う。

機器のネットワーク接続では、スマートホームサービス普及時を見据え、現時点における機器ごとのConnected化進度に応じて、ネットワーク接続普及拡大に向けた対応を議論する必要性を示しています。

普及に向けた取り組みでは、①普及認知度向上、②省工事化、③価格低廉化、④内蔵化 の4点をあげています。

スクリーンショット 2018-09-25 15.06.42.png

出所:スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会 普及促進タスクフォース 中間とりまとめ 2018.9

家電コントローラとの接続などでは、各機器、サービス開発者の負担を減らし、各機器の連携を推進するため、国内外で乱立しているIoT関連プロトコルや国内の実施実験等の状況を整理しつつ、クラウド間連携のあり方の議論の必要性を示しています。

スクリーンショット 2018-09-25 15.09.13.png

出所:スマートハウス・ビル標準・事業促進検討会 普及促進タスクフォース 中間とりまとめ 2018.9

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する