ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

ITR注目トレンド 〜ポスト2020の仮説では、クラウドはどうなるか

»

株式会社アイ・ティ・アール(ITR)は2019年9月20日、ITRがポスト2020に向けて注目すべきIT動向と未来仮説をまとめた「ITR注目トレンド 〜ポスト2020の仮説〜」を発表しました。

ITRでは、2020年以降に予見されるIT動向について、「IT業界」「テクノロジ」「ユーザー企業」の3つの視点から仮説を取りまとめています。

180920_zu01L.png

出所:ITR注目トレンド 〜ポスト2020の仮説〜 2018.9

この仮設から「クラウド」の部分だけ、とりあげてみたいと思います。

■「IT業界」に関するポスト2020の仮説

メガクラウドの席巻

クラウドプラットフォームは、一部の主要なグローバルプレイヤーが席巻する

■「テクノロジ」に関するポスト2020の仮説

基幹系クラウドファーストの浸透

基幹業務系(SoR)のクラウド活用が主流となる(SaaS型ERP・PaaS上でのカスタム開発・API連携など)

マルチクラウドとサーバレスの拡大

マルチクラウド化(IaaS・PaaS・SaaSなどの併用)の進行とサーバレスの普及により、クラウド統合管理の必要性が増す

SoRへのアジャイル/DevOps適用拡大

SoRシステムの構築にもアジャイル開発・DevOps・マイクロサービスなどの適用が進む

クラウドベースのマルウェア対策へ

エンドポイントセキュリティは、シグネチャベースの製品がなくなり、クラウドベースの製品に置き換わる

これらの内容は折をみて、自分なりに掘り下げていきたいと考えています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する