ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

日本のこどもの数は、1553万人で37年連続の減少、こどもの割合は12.3%で44年連続の低下

»

総務省統計局は、5月5日の「こどもの日」にちなんで、平成30年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口)を推計し、公表しました。

平成30年4月1日現在におけるこどもの数(15歳未満人口)は、前年に比べ17万人少ない1553万人で、昭和57年から37年連続の減少となり、過去最低となっています。男女別では、男子が795万人、女子が758万人となっており、男子が女子より37万人多く、女子100人に対する男子の数(人口性比)は104.9となっています。

こどもの割合(総人口に占めるこどもの割合)は、昭和25年には総人口の3分の1を超えていましたが、出生児数の減少を反映して昭和50年から44年連続して低下を続け、平成30年は12.3%(前年比0.1ポイント低下)で過去最低となっています。

スクリーンショット 2018-05-07 12.31.31.png

出所:総務省 我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで- 2018.5.5

年齢3区分別人口および割合の推移をみてみると、こどもの割合は平成30年は12.3%に対して、15歳から64歳の人口も60%を割って59.8%となり、65歳以上が過去最高の28.0%となっています。

スクリーンショット 2018-05-07 12.33.46.png

出所:総務省 我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで- 2018.5.5

こどもの割合を各国と比べてみると、推計時点(年次)に相違はあるものの、日本が最も低くなっています。

スクリーンショット 2018-05-07 12.36.48.png

出所:総務省 我が国のこどもの数 -「こどもの日」にちなんで- 2018.5.5

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する