ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

スタジアム・アリーナ改革の推進 〜2025年までの新たなスタジアム・アリーナ20拠点の実現

»

政府は2018年4月17日、「未来投資会議構造改革徹底推進会合「地域経済・インフラ」会合(中小企業・観光・スポーツ・文化等)(第4回)」を開催し、スポーツ庁が発表した「スタジアム・アリーナ改革の推進」を中心にご紹介をしたいと思います。

スポーツ庁では、スタジアム・アリーナ推進官民連携協議会を中心に、民間の資金や経営能力、技術的能力を活用した新たなビジネスモデルの開発・推進や公共的な価値の最大化など、今後のスタジアム・アリーナの在り方について、スポーツ庁、経済産業省、国土交通省、スポーツ団体、金融、有識者等、官民が協働して議論を行っています。

関係省庁と連携した政府一体の取組では、地域交流拠点の創出やまち・ひと・しごとの創生と好循環の確立など、4つのテーマごとに取り組み方針を示しています。

スクリーンショット 2018-04-25 12.46.23.png

出所:未来投資会議構造改革徹底推進会合 2018.4

スタジアム・アリーナ新設・建替構想は以下のとおり、62件を予定しています。

スクリーンショット 2018-04-25 12.49.43.png

出所:未来投資会議構造改革徹底推進会合 2018.4

スタジアム・アリーナ改革の実現に向けて、2025年までの新たなスタジアム・アリーナ20拠点の実現に向けた課題等をあげて方向性をまとめています。

スクリーンショット 2018-04-25 12.50.38.png

出所:未来投資会議構造改革徹底推進会合 2018.4

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する