ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

自動運転に係る実証・事業化に際しての課題

»

政府のIT総合戦略本部は12月14日、「自動運転に係る制度整備大綱サブワーキングチーム(第2回)」を開催し、自動運転に係る官民協議会の状況報告を行い、主に、自動運転に係る実証・事業化に際しての課題ついて提起しています。

官民協議会における実証・事業化にあたっての課題解決の進め方は、事業者による実証や事業化検討等における制度上・運用上の課題を抽出し、個別具体的な制度上の障害や不明確な点について、事業者が制度当局にぶつけ、協働でルールを作成、課題解決を実施するとともに、事業化にあたっての課題のうち、主に制度的事項を年度内の「制度整備大綱」へ反映していくとしています。

スクリーンショット 2017-12-21 20.40.11.png

出所:道路交通ワーキングチーム 自動運転に係る制度整備大綱サブワーキングチーム(第2回)」

実証・事業化にあたっての課題(全体)では、以下のとおり、2020年までにジュネーブ条約との関係が整理されていると仮定し、現時点で事業化に向けた論点を整理しています。

スクリーンショット 2017-12-21 20.42.56.png

出所:道路交通ワーキングチーム 自動運転に係る制度整備大綱サブワーキングチーム(第2回)」

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する