ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2017年を振り返って

»

今日が2017年最後の日です。

2017年は、東京マラソンをはじめ、いろんなマラソン大会に参加することができ、自分自身の心身を鍛えられた年でもありました。東京マラソンでのフルマラソンでの完走は大きな自信となりました。榛名山ヒルクライムも最後までのぼりきることができたのもいい思い出となっています。

18209083_1414296121963987_9220475784800921036_o.jpg

プライベートでは、野球のWBCをはじめて息子とみることができました。息子が野球にも本格的取り組み初めて、成長をした年でもありました。家族も健康に過ごすことができ、犬も家族の仲間入りをしました。父親ネットワークの副代表は2016年度で引退をし、地元の城東地区社会体育振興会の振興委員のお手伝いも始めた年でもありました。

仕事では、広報・宣伝、マーケティング業務と、エバンジェリストとしての社外向け講演などを担当しました。これまでは、外に向けて活動をする機会が多かったのですが、良くも悪くも社内外のバランスをとった一年でした。特に、ニュースリリースをはじめ協業絡みの案件が多く、記者会見なども多く対応した年でもありました。また、ディープラーニングをはじめとした新しいテクノロジーへの対応にも力をいれた年でもありました。

対外活動では、エバンジェリスト活動は、量より質という年になりました。数時間にもおよぶAIやIoTの研修を担当したり、経営者向けから開発者や学生、テーマもAIやIoTから、クラウド、データセンターまで幅広い方々にお話をすることができました。総務省のAIネットワーク社会推進会議の構成員も3年目を迎え、有識者の方々と議論ができるのは大変基調な経験となっています。

社外からもいろいろと評価をいただく機会もいただき、自分自身の市場価値やこれからをじっくりと考えた年でもありました。

ブログの毎日更新は10年を超え、新幹線通勤は19年を超えました。

2017年は、比較的バランスのとれた年もありましたが、もう少しできたかなという反省点もある年でもありました。

2018年はどういう年にしたいか、正月休みにじっくりと考えてみたいと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する