ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

APACのマネージドハイブリッドクラウドホスティングでリーダはNTT Com、CenturyLink。ビジョナリーはDatapipe、IBM 〜ガートナーマジック・クアドラントより

»

米調査会社のガートナーは2017年10月30日、アジア太平洋地域での企業向けクラウド事業者を評価する「Magic Quadrant for Managed Hybrid Cloud Hosting, Asia/Pacific」を公表しました。

Magic Quadrant for Managed Hybrid Cloud Hosting, Asia/Pacific

ガートナーのMagic Quadrantは、個々の具体的な市場におけるリサーチし、各市場で競合している事業者の相対的な位置付けを広い視野から提示しています。

Magic Quadrant for Managed Hybrid Cloud Hostingは、クラウドテクノロジーを活用したシステムインフラストラクチャーの上で標準化されたホスティングサービスを提供する事業者を対象に、ハイブリッドクラウドの対応能力に重点を置いて評価したものとなっています。

リーダー」のポジションにある事業者は、NTT CommnucationsCenturyLinkとなっており、概念先行型の「ビジョナリー」にある事業者はDatapipe、IBMとなっており、「チャレンジャー」のポジションにある事業者は富士通、Rackspace、IIJなどが続いています。

343808.png

出所:Magic Quadrant for Managed Hybrid Cloud Hosting, Asia/Pacific 2017.8

各事業者では、「STRENGTHS(強み)」と「CAUTIONS(弱み)」がそれぞれ掲載されており、本文章を読み込むだけでも、事業者の動向の大まかな流れは把握することができます。

「リーダー」のポジションに位置づけているNTT Communicationsの「STRENGTHS(強み)」と「CAUTIONS(弱み)」をみてみましょう。

NTT Communications is a global CSP, wholly owned by the NTT Group in Japan. Its target markets are enterprises, including MNCs. It offers multitenant and single-tenant services.Data center presence in Asia: Japan, Singapore, Hong Kong, Australia (Sydney), Malaysia (Kuala Lumpur), Thailand (Bangkok) and India (Mumbai).Public cloud IaaS providers supported: AWS and Microsoft Azure.

NTTコミュニケーションズは、日本のNTTグループ傘下の事業者でグローバルクラウドサービス事業者です。NTT ComのターゲットはMNCを含むエンタープライズのユーザです。NTT Comは共有型と専有型のサービスを展開しており、アジアのデータセンターにおいては、日本、シンガポール、香港、オーストラリア、マレーシア、タイ、インドに展開しています。サポートする事業者はAWSとMicrosoft Azureです。

STRENGTHS

NTT Communications has expanded its broad portfolio of services to include hybrid clouds, with many private cloud options. Its cloud management platform can integrate its cloud platforms with third-party services, offering multicloud provisioning, orchestration and management under a single cloud portal. It is building its skill sets quickly in Asia to support the hyperscale providers, with 70 AWS-certified engineers and 70 Microsoft-certified engineers so far.

NTT Comは、多くのプライベートクラウドのオプションをもつハイブリッドクラウドを提供する幅広いサービスポートフォリオを提供しています。クラウドマネジメントプラットフォームは第三者の事業者を含め、一つのポータル上で、可視化や自動化などが可能となっています。アジアにおいては、AWSやMicrosoftのハイパースケールのクラウド事業者に対応したエンジニアをそれぞれ70名以上有しています。

It provides a comprehensive range of managed services, with support for security, databases, middleware, and select applications from SAP, Oracle and Microsoft. It's also a certified infrastructure provider for SAP Hana. It offers a full range of professional services, ranging from cloud consulting to migration to life cycle management. It has extended its managed and professional services to third-party clouds.

NTT Comではセキュリティサービス、データベース、ミドルウェア、SAPやオラクルやマイクロソフト等のアプリケーションなどを含め、包括的な範囲でマネージドサービスを提供しています。NTT Comは、SAP Hanaの認定事業者となっています。また、プロフェッショナルサービスやクラウドコンサル、クラウドマイグレーション、ライフサイクルマネジメントなどのフルレンジのメニューを提供しています。これらのマネージドやプロフェッショナルサービスを第三者の事業者まで対応しています。

It has good geographic coverage, with presence in all regional hubs and several major developing markets. It has a strong foothold in India through its subsidiary, Netmagic, a major managed hosting and cloud provider in India, which has been integrated into NTT Communications' operations. It has large managed cloud hosting revenue in Asia, with half coming from markets outside Japan. It is also getting better at winning more complex projects, due to its improving managed and professional services capabilities.

NTT Comは、すべての拠点地域と複数の発展途上の市場の地域を地理的にカバーしています。NTT Comはグループ会社でインドでの主要事業者であるNetmagicにより、インドにおいて強い地盤を持っています。NTT Comはアジアにおいてマネージドクラウドホスティングでの収益を獲得しており、半分以上は日本以外からの収益となっています。NTT Comではマネージドサービスやプロフェッショナルサービスの改善により、より多くの複雑なプロジェクトの機会を獲得しています。

CAUTIONS

NTT Communications has introduced a new OpenStack-based platform that will support both Mode 1 IT operations and Mode 2 agile application development. However, this platform is in the early stage of development and has limited differentiation. The platform is available in only four markets -- Japan, Singapore, Australia and Hong Kong. In other markets, customers need to use its existing cloud platforms.

NTT Comは、(オープンソースのクラウド基盤ソフトウェア)の新しいOpenStackのプラットフォームを採用しており、モード1のITオペレーションとモード2のアジャイル開発に対応した基盤を提供しています。しかしながら、本プラットフォームは開発の初期段階にあり差別化が限定的となっています。本プラットフォームは、日本、シンガポール、オーストラリア、香港の4つしか対応しておらず、他のマーケットでは、顧客はすでに提供しているクラウドプラットフォーム使うことになります。

It is in the early stages of developing its hybrid cloud capabilities, with limited experience supporting AWS and Microsoft Azure.

ハイブリッドクラウドの提供は初期開発段階にあり、AWSや Microsoft Azureへの対応ノウハウも限定的となっています。

It is gaining experience supporting some mission-critical applications or use cases. However, it has limited experience in supporting a broad range of enterprise applications, which puts it at a disadvantage when competing against the large IT services providers.

NTT Comでは、ミッションクリティカルのアプリケーションや、利用事例での実績を有しています。しかしながら、広範囲のエンタープライズアプリケーションの対応実績は限定的となっており、大規模なITサービス事業者と競合となる際には、不利な条件となっています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する