ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

国内コグニティブ/AIシステム市場規模は2016年の158億から2021年には2,500円超へ 〜IDC Japanより

»

調査会社 IDC Japan は2017年11月15日、「国内コグニティブ/AIシステム市場予測」を発表を発表しました。

2016年の国内コグニティブ/AIシステム市場規模は、ユーザー支出額ベースで158億8,400万円になったと推定しており、企業によるAI利用気運の高まったものの、効果の実証実験(Proof of Concept:POC)が多く、実際のビジネスへの適用は少数に留まっているとしています。2017年の同市場は、実ビジネスへの適用が多くなり、市場は急速に成長すると予測しており、また2018年以降の同市場は、金融などでの詐欺検出/分析、全業種での自動顧客サービスなどへのAI適用が進み、2021年には2,501億900万円の規模になると予測しています。

20171115_1.gif

出所:IDC Japan 2017.11.15

2016年の利用事例では、専門職の分析/検索をサポートする「ナレッジワーカー向けデジタルアシスタンス」や、製造業での「品質管理」などの利用方法が多かったと推定しています。「コグニティブ/AIシステムに対する意識調査」では、全体の57.4%でAIが自社ビジネスへ何等かの影響を及ぼすと感じているという結果も出ています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する