ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2021年にクラウド型ホスティングがデータセンターサービス市場の最大セグメントに 〜IDC Japan調査より

»

調査会社の IDC Japanは2017年10月5日、「国内データセンターサービス市場の最新予測」を発表しました。

IDCによると、2017年の国内データセンターサービス市場は前年比7.2%増の1兆1,780億円で、2016年~2021年の年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)は8.1%、市場規模が1兆円を超えても成長率上昇が継続し、2021年の市場規模は1兆6,230億円と予測しています。

20171005_1.gif

成長の背景には、クラウドサービスの利用拡大が大きく寄与しており、特にアマゾン、グーグル、マイクロソフトなどの、グローバル・メガクラウドサービスの利用範囲を、国内企業/団体が積極的に拡大させていることが要因となっているとしています。

今回の調査では、国内DCサービス市場を、「コロケーション」「クラウドデリバリー・ホスティング」「従来型ホスティング」の3つのセグメントに分けて市場予測を行っています。特に、クラウドサービスによって提供されるホスティング「クラウドデリバリー・ホスティング」がm2017年においては「クラウドデリバリー・ホスティング」は26%を占める見込みで、2021年にはクラウドデリバリー・ホスティングの比率は45%に達し、国内DCサービス市場のなかでは最大のセグメントとなると、予測しています。

IDCでは、クラウドサービス利用拡大による市場成長の加速に加えて、コグニティブ/AI(人工知能やディープラーニングなど)およびIoT(Internet of Things)といった、まったく新しいタイプのデータ処理のニーズが、DCサービスの更なる成長を促進する可能性があるとし、SI事業者/IT ベンダーではハイブリッドクラウドや、デジタルトランスフォーメーション(DX)指向型DCなどの成長分野に注力することが重要であると指摘しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する