ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

総務省重点施策2018〜IoTのサービス創出支援と産学官連携による推進強化

»

総務省は2017年8月31日、「落ち着いて、やさしく、持続可能な社会の実現(総務省重点施策2018)」を公表しました。また、「平成30年度総務省所管予算概算要求の概要」も同日公表しています。

今回は、ICTによる経済成長の実現の「(2)IoTのサービス創出支援と産学官連携による推進強化」について、紹介したいと思います。

(a) 産学官連携によるIoT推進体制の構築では、

多様なIoTサービスを創出するため、膨大な数のIoT機器を迅速かつ効率的に接続する技術等の共通基盤技術を開発するとともに、多様なサービス提供者によるIoTデータの相互利用を図る先進的な社会実証を目指した取組を推進
・あわせて、産学官連携による推進体制「スマートIoT推進フォーラム」と連携し、欧米のスマートシティに係る実証プロジェクト等と協調して、国際標準化に向けた取組を強化

として、平成30年度総務省所管予算概算要求の概要は以下となっています。

【予算】 IoT共通基盤技術の確立・実証3.0億円(平成29年度 3.1億円)

スクリーンショット 2017-09-04 13.03.53.png

出所:総務省重点施策2018 2017.8

(b) IoTサービスの創出の支援では、

第4次産業革命の実現に向けたIoTサービスの創出展開に当たって、防災・農業・シェアリングエコノミー等の身近な分野におけるリファレンス(参照)モデルを構築するとともに、モデルの普及展開のために策定すべきルールの明確化等を行う

として、

【予算】 IoTサービス創出支援事業6.0億円(29年度 5.1億円)

を概算要求しています。

スクリーンショット 2017-09-04 13.05.36.png

出所:総務省重点施策2018 2017.8

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する