ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

総務省重点施策2018〜AI時代に向けたオープンデータ・ビッグデータの活用推進を通じた地域産業などの生産性向上、データ利活用型スマートシティの推進

»

総務省は2017年8月31日、「落ち着いて、やさしく、持続可能な社会の実現(総務省重点施策2018)」を公表しました。また、「平成30年度総務省所管予算概算要求の概要」も同日公表しています。

今回は、ICTによる経済成長の実現の「(4)AI時代に向けたオープンデータ・ビッグデータの活用推進を通じた地域産業などの生産性向上、データ利活用型スマートシティの推進」について、紹介したいと思います。

(a) オープンデータ・テストベッドの整備等では、

地域経済活性化や地域課題解決に資するオープンデータの利活用を促進するため、地方公共団体職員等向けの試験環境の整備、及びデータを保有する地方公共団体とデータを利活用する民間事業者等との調整・仲介機能の創設等の取組を実施

として、平成30年度総務省所管予算概算要求の概要は以下となっています。

【予算】 オープンデータ・テストベッド整備等事業 5.0億円 【新規

(b) データ利活用型スマートシティの推進では、

各都市・地域の課題解決を促進するため、共通するオープンなプラットフォーム上で観光、防災等複数の分野でデータを利活用してサービスを提供するデータ利活用型ICTスマートシティの構築を推進

として、【予算】 ICTスマートシティ整備推進事業
4.2億円(29年度 5.1億円の内数)

を概算要求しています。

スクリーンショット 2017-09-04 13.11.54.png

出所:総務省重点施策2018 2017.8

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する