ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

どこでもAIとなる世界〜先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年から

»

調査会社のガートナー ジャパンは2017年8月23日、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2017年」(日本語版)を発表しました。

ガートナーでは、企業が今後5~10年にわたってデジタル・エコノミーの世界で生き残り、成功することを可能にする、「どこでも人工知能 (AI) となる世界」「透過的なイマーシブ・エクスペリエンス (没入型の体験)」「デジタル・プラットフォーム」の3つの大きなメガトレンドを明らかにしています。

どこでもAIとなる世界では、

これから10年にわたり、AIはディープ・ニューラル・ネットワークにより、最も破壊的な技術領域になるとし、AIテクノロジを導入している企業は、データを活用して新たな状況に適応し、さまざまな未知の問題を解消することが可能になるとし、以下のテクノロジを検討する必要があるとしています。

ディープ・ラーニング、深層強化学習、汎用人工知能、自律走行車、コグニティブ・コンピューティング、商用無人航空機 (ドローン)、会話型ユーザー・インタフェース、エンタプライズ・タクソノミ/オントロジ管理、機械学習、スマート・ダスト、スマート・ロボット、スマート・ワークスペース

透過的なイマーシブ・エクスペリエンスでは

4Dプリンティング、拡張現実 (AR)、ブレイン・コンピュータ・インタフェース、コネクテッド・ホーム、ヒューマン・オーグメンテーション、ナノチューブ・エレクトロニクス、仮想現実 (VR)、立体ホログラフィック・ディスプレイ

デジタル・プラットフォームでは

5G、デジタル・ツイン、エッジ・コンピューティング、ブロックチェーン、IoTプラットフォーム、ニューロモルフィック・ハードウェア、量子コンピューティング、サーバレスPaaS、ソフトウェア・デファインド・セキュリティ

をあげています。

スクリーンショット 2017-08-28 23.10.35.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する