ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

デジタルおよびテクノロジーの能力を最も重視する日本のCEOは4%、世界最低水準 -第20回世界CEO意識調査 日本分析版

»

PwC Japanグループは2017年4月19日、「第20回世界CEO意識調査 過去20年におけるCEOの意識変化 未来をどう描くか?」の日本分析版を発表しました。

デジタルやテクノロジーの領域については、CEOが今後最も強化すべきと考える分野について、世界、日本のCEOともに最も多く回答が集まったのは「イノベーション」。2位以下は、世界では「デジタルおよびテクノロジーに関する能力(15%)」と「人材(15%)」が同率2位となったものの、日本では「人材(30%)」と「競争上の優位性(17%)」の割合が高く、「デジタルおよびテクノロジーに関する能力」を挙げたCEOは全体の4%にとどまっています。地域別に見ても、日本のCEOの「デジタルおよびテクノロジーに関する能力」の回答割合は最低水準となっています。

ceosurvey170419-04.png

出展:第20回世界CEO意識調査 PwC Japan 2017.4

また、CEOの個人的な習慣などに関する質問においても、日本のCEOのデジタルに関するスキル、ホームオートメーションシステム、ロボティクスなどのテクノロジーの使用経験に対する回答は他地域のCEOに比べて圧倒的に低い結果となっており、新しいテクノロジーに関する個人的な使用経験がないことが、日本のCEOにとってデジタルおよびテクノロジーが最優先課題に挙がらない一つの要因となっている可能性を指摘しています。

ceosurvey170419-05.png
出展:第20回世界CEO意識調査 PwC Japan 2017.4

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する