ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

世界の42%のCEOは、デジタルビジネストランスフォーメーションを開始している。ガートナー調査より

»

米調査会社のガートナーは2017年4月24日、388人のCEOに調査結果を発表し、2017年の最も優先順位の高い事項は成長率となっています。次にくるのは、IT関連となっています。

Gartner Survey Shows 42 Percent of CEOs Have Begun Digital Business Transformation

ceo-top-bus-priorities-17-18.png
出所:ガートナー 2017.4

ガートナーの調査では、デジタルビジネスの戦略的活用に関するCEOの理解が向上しており、数年前はほとんどのCEOは懐疑的であったものの、2017年は多くのCEOにとっては現実的なものとなっているといいます。

CEOの47%は取締役会にてデジタルビジネスの展開に挑戦しており、56%はデジタルによる事業の改善によって利益が向上していると回答しています。

CEOは、デジタルビジネスの取り組みを進めてきました。 CEOの20%は現在、ビジネスの変化に対して「デジタルファースト」のアプローチをとっています。また、CEOの22%はデジタルを企業の事業モデルの中核とし、製品、サービス、ビジネスモデルが変化し、それらをサポートする新しいデジタル機能が事業のコアコンピタンスになっていると回答しています。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する