ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2022年までに、スマートマシンとロボットは、医師や法律家やITなど高度に訓練された専門家に置き換える 〜ガートナー調査より〜

»

米調査会社のガートナー2017年5月9日、人工知能(AI)がビジネス戦略と人的雇用に及ぼす影響がある中で、企業のCIOはこれらの影響に対する対応していくことが重要であると発表しています。

Gartner Says Artificial Intelligence Could Turn Some Skilled Practices Into Utilities

AIや機械学習をベースとした経済は、多くの業務に関与するようになり、これまでの専門家の領域が低コストのユーティリティの領域になっていくとしてます。AIはさまざまな産業に影響を与え、企業の事業戦略の策定において関与するようになり、多くの競争力のあり高利益を出す産業は、複雑な作業モデルを、電気のようなサービスモデルに変化させていく可能性を予測しています。

AIが企業におよぼす影響は、業界、企業、組織、顧客に依存しているとし、AIに置き換わる職種の例を紹介しています。たとえば、長く高価な教育を受けた弁護士は、十分な給与を支払わなければならないものの、スマートマシンの場合は、企業の要件にコストを追加するだけで対応できるメリットを紹介しています。

金融分野においては、融資や保険請求の調整などの業務を自動化できる業界であり、AIによる業務の自動化は、サービスレベルをあげ、人間自身がより高度な環境などのチャレンジできる環境にシフトできる点を紹介しています。

robot-2301646_1280.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する