ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

地域IoT実装推進ロードマップについて

»

総務省は2016年12月9日、「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」を公表しました。

総務省では、地域IoT実装推進ロードマップを策定することで、地域経済の活性化、地域課題の解決につながる「生活に身近な分野」を中心に、官民が連携して、課題を克服しつつ、実装に取り組むための具体的道筋を提示するとともに、地域IoTの実装により、総合的に達成される将来像や経済効果を提示していくとしています。

スクリーンショット 2016-12-11 11.10.45.png

出所:総務省 「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」 2016.12

ロードマップ策定の考え方は、「分野別モデル」の設定や2020年度までのモデル毎の「KPI」設定と具体的な工程の提示、そして、地域の将来像・経済効果の提示の3つがポイントとなっています。

スクリーンショット 2016-12-11 11.24.22.png

出所:総務省 「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」 2016.12

地域IoT実装の「分野別モデル」では、「教育」「農林水産業」「医療・介護・健康」など8つのモデルを提示し、全国各地域におけるIoT実装による地域活性化・地域課題解決の実現していくとしています。

スクリーンショット 2016-12-11 11.25.18.png

出所:総務省 「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」 2016.12

地域IoT実装推進ロードマップのポイントは以下のとおりです。

スクリーンショット 2016-12-11 11.27.37.png

出所:総務省 「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」 2016.12

2020年度までの工程(イメージ)では、実装フェーズと実証フェーズを進めており、実装フェズの取り組みは2020年度以降に地域への普及展開を目指しています。

スクリーンショット 2016-12-11 11.29.28.png

出所:総務省 「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」 2016.12

IoT実装による地域の将来像では、地方でも都会と同じように働く環境や質の高い教育サービスの実現やニーズにマッチした生産と域外販売の拡大で地域産業が活性化などのイメージを紹介しています。

スクリーンショット 2016-12-11 11.33.20.png

出所:総務省 「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」 2016.12

2020年度時点における地域IoT実装に関連する経済効果では、地域実装がもたらす効果では経済波及効果4.9兆円、雇⽤創出効果45万⼈が見込まれています。

スクリーンショット 2016-12-11 11.35.34.png

出所:総務省 「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」 2016.12

ロードマップの実現に向けた第一次提言の概要が以下のとおりです。

スクリーンショット 2016-12-11 11.37.21.png

出所:総務省 「地域IoT実装推進ロードマップ」及び「ロードマップの実現に向けた第一次提言」 2016.12

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する