ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

2016年を振り返る

»

2016年の自分自身を振り返ってみたいと思います。

仕事面では、通常の業務では広報宣伝、マーケティング業務を行いました。

今年は自社のクラウドサービスの大幅機能強化や、パートナーアライアンスなど多くのリリースや取材などを担当しました。

イベント、セミナー系の企画運営担当はほかのメンバーにバトンタッチし、通常の業務には余裕ができた1年でした。

今年は、クラウドスペシャリストの事務局も担当することになり、スペシャリストによるCIOなどの意思決定者層の訪問強化や、講演機会の増加にるながることができました。本取り組みは、他の部門にも波及できたことも良かったと思います。

今年は自分自身が講演をするよりもスペシャリストの講演機会を増やすことに優先順位をおいていたため、自分のエバンジェリストの件数は、やや減少したと思われます。2016年の講演実績はあらためて整理したいと思います。

今年は、書籍「イラスト図解式 この一冊で全部わかるクラウドの基本 」を出版することができました。あらためて、自分自身もクラウドの基本について、再度振り返ることができ、クラウドの初歩的なことを学びたいという需要も高いことがわかりました。

プライベートでは、父親ネットワークの副代表の活動など、地域の活動にも精力的に参加するようにしました。長女は高校生になり、長男は小6最後の年ですが、地元の少年野球に数ヶ月お世話になりました。マラソン大会では、再度、フルマラソンに挑戦したのですが、28kmで途中断念をしました。来年こそは、フルマラソンを完走できればと思います。Fitbitを使い、自分自身の歩数など健康管理をしながら、参加しているみなさんと切磋琢磨できたことも良かったと思います。

真田丸も良かったですね。沼田の真田丸展に参加したり、岩櫃城にも足を運んだりしました。

今年は、ブログを毎日更新9年半、新幹線通勤18年と、引き続き継続することができた年でもありました。

2016年は、自分自身の評価は70点ぐらいで、まだまだ、仕事やプライベートの面で、見直しの余地があったかと感じています。

それらの反省をいかして、また、2017年、新たな気持ちで取り組んでいけたらと考えています。

14718665_1213136652079936_8397852350006814842_n.jpg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する