ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

総務省におけるオープンデータの取り組み

»

政府のIT総合戦略本部のデータ流通環境整備検討会は2016年10月14日、「オープンデータワーキンググループ(第1回)」を開催し、【オープンデータ2.0】における強化分野に係る取組みや、主要省庁からの事例紹介、地方展開及び海外との連携について検討を進めています。

今回は、総務省のオープンデータの取り組みについてご紹介します。

総務省では、地域発オープンデータの好循環の創出に向けて、自治体におけるオープンデータの推進のために、

①先進自治体の横連携を支援(データ形式等の共通化・デファクト化を推進)
②自治体・民間の双方にメリットのある持続モデルを構築

の取り組みを進めています。

先進自治体の事例では、静岡県の道路通行規制データ等の取り組みが紹介されています。

スクリーンショット 2016-10-15 18.07.05.png
出所:IT総合戦略本部 オープンデータワーキンググループ(第1回) 2016.10

官民双方にメリットのある持続モデルの構築では、データ活用による都市の魅力向上プロジェクトや観光クラウドの全国展開を進めています。

スクリーンショット 2016-10-15 18.08.29.png

出所:IT総合戦略本部 オープンデータワーキンググループ(第1回) 2016.10

データ活用による都市の魅力向上プロジェクトのサイトのイメージやコンセプトは以下のとおりです。

スクリーンショット 2016-10-15 18.09.13.png

出所:IT総合戦略本部 オープンデータワーキンググループ(第1回) 2016.10

スクリーンショット 2016-10-15 18.10.07.png

出所:IT総合戦略本部 オープンデータワーキンググループ(第1回) 2016.10

オープンデータ活用によるシティプロモーションを推進するためのキックオフイベント"Machi. Data. Matching. "も開催しています。

スクリーンショット 2016-10-15 18.11.04.png

出所:IT総合戦略本部 オープンデータワーキンググループ(第1回) 2016.10

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する