ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

自動走行システムによる社会的期待と社会的インパクト

»

IT総合戦略本部は2016年3月2日、「第13回新戦略推進専門調査会道路交通分科会」「第21回SIP自動走行システム推進委員会」 合同会議を開催し、官民ITS構想・ロードマップ2015見直しに向けた論点について議論が行われています。

本合同会議では、ITS・自動走行技術の今後の方向について、検討を進めています。

自動走行システムの社会的期待は、交通事故の削減や交通渋滞の緩和などの道路交通社会が抱える課題の解決だけでなく、移動に係る現在の社会課題に対して新たな解決手段を提供するなど、各種の巨大な社会的利益が期待されるとしています。

スクリーンショット 2016-03-06 8.54.28.png

出所:「第13回新戦略推進専門調査会道路交通分科会」「第21回SIP自動走行システム推進委員会」 合同会議 2016.3

自動走行システムでは完全無人走行を実現するレベル4までが設定されており、レベル4では、高齢者等支援なども効果も期待されてています。

スクリーンショット 2016-03-06 9.00.53 1.png

出所:「第13回新戦略推進専門調査会道路交通分科会」「第21回SIP自動走行システム推進委員会」 合同会議 2016.3

世界各国における自動走行システムによる社会的期待として以下のような図でまとめれています。

スクリーンショット 2016-03-06 9.02.51.png

出所:「第13回新戦略推進専門調査会道路交通分科会」「第21回SIP自動走行システム推進委員会」 合同会議 2016.3

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する