ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

米国における自動走行システムに関わる政府関連の政策や研究開発について

»

IT総合戦略本部は、2014年9月26日、「「第7回新戦略推進専門調査会道路交通分科会」および「第5回SIP自動走行システム推進委員会」合同会議を開催しています。今回は、米の自動運転関連研究開発について整理してみたいと思います。

USDOT(Department of Transportation)のRITA(Research and Innovative Technology Administration)が2009年12月に2010年-2014年の5年間を対象として「5-Year ITS Strategic Research Plan(戦略的開発計画)」を発表しました。

本プランの核となるのは、

Connected Vehicle Research

で、ITSスポットサービスであるDSRC(Dedicated Short Range Communication)を利用し開発や実用化を加速しています。

image
出所:「「第7回新戦略推進専門調査会道路交通分科会」および「第5回SIP自動走行システム推進委員会」合同会議 20149.26

2014年4月29日、連邦運輸省は、新たな長期陸上交通予算案を議会に提出し、「GROW AMERICA Act」の方針のもと、総額3,020 億ドル/ 4年(約30兆円)となっています。

GROW AMERICA Act

The Generating Renewal, Opportunity, and Work with Accelerated Mobility,Efficiency, and Rebuilding of Infrastructure and Communities throughout America Act

4年間にわたりHighway Trust Fund の破綻を防ぐとともに、成長目標を達成するために必要な公共投資を支えるものとして、重点領域として以下の12をあげています。

• Supporting a healthy environment
• Expanding our ability to move freight
• Growing investment in transportation
• Making critical investments in highwaysand bridges
• Promoting innovative financing
• Building ladders of opportunity
• Empowering local decision makers
• Creating more efficient project delivery
• Investing in rural America
• Improving transportation safety
• Supporting safe, reliable public transit
• Shaping a pathway to transportationcareers

出所: Grow America, U.S. Department of Transportation

2015-2019 を対象とした「Strategic Research Plan」では、以下の6つをあげています。

1. Interoperability
機器、車両、インフラ、アプリケーションの互換性確保

2. Automation
安全、効率、モビリティ向上などのための自動運転技術開発

3. Big Data / Data Management
車両、移動端末、インフラからのデータ融合による交通管理と効果評価

4. Smart Cities / Digital Society
持続可能な交通システムのためのスマート・モビリティの研究

5. Resilience
大規模災害への備えと発災時の交通システムの対応能力

6. Cyber Physical Systems (CPS)
協調システムを中心とした、車両などの実体と情報技術の融合

出所:Research and Innovative Technology Administration,U.S. Department of Transportation, at Connected Vehicle Public Meeting, September 26, 2013

米国連邦運輸省の自動運転の展開シナリオは、Connected and Automated Vehiclesのコンセプトのもと開発を進めているようです。

clip_image002

出所: Kevin Dopart, ITS Joint Program Office, U.S. Department of Transportation,Automated Vehicle Symposium 2

USDOT-NHTSA の自動運転関連開発テーマは、Human Factors Researchなど興味深いテーマが並んでいます。

image

 

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する